マウスピース矯正が安い!東京・大阪のおすすめ歯科医院

Zenyum隱形牙套盒

今回は東京と大阪で安い費用でマウスピース矯正ができる、おすすめ歯科クリニックを紹介します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 安い費用でできるマウスピース矯正「Zenyum」 Zenyumは月々たったの3,600円から始められる透明のマウスピース矯正です。 部分矯正から全体矯正まで幅広い症例を対象としており、最短3ヶ月の短い期間で治療が終わります。 世界9拠点で展開している、今もっとも注目を集めているマウスピース矯正の1つです。 詳しくは『【公式】Zenyum(ゼニュム)のマウスピース矯正の評判・口コミを紹介!』の記事をご覧ください。 マウスピース矯正が安い東京・大阪の歯科クリニック ここでは安い費用でZenyumのマウスピース矯正ができる、東京・大阪のおすすめ歯科クリニックを紹介します。 【東京】赤坂さくら歯科クリニック 赤坂さくら歯科クリニックは赤坂駅からわずか徒歩30秒の好立地の場所にあります。 プライバシーに配慮された完全個室のカウンセリングスペース、また動画や画像を使った治療説明を院長自らが行うといった特徴があります。 歯科医師の先生はじめスタッフの方一同きめ細かいサービスも、クリニックの特徴です。 ・住所 東京都港区赤坂5-4-6 赤坂三辻ビル5F ・最寄駅 赤坂駅4番口から徒歩30秒赤坂見附駅から徒歩8分溜池山王駅から徒歩7分 ・診療時間 月曜日〜金曜日:7:30~13:00 / 14:30~17:00 ・休診日 水曜日、日曜日、祝日 Zenyumの無料オンライン診断 【東京】渋谷ルーブル歯科・矯正歯科 「渋谷ルーブル歯科・矯正歯科」は東京・渋谷の歯科医院です。2020年〜2021年で総矯正患者数は700人を突破。 また歯科矯正以外にも様々な分野の認定医師がおり、高いレベルの治療を受けることができます。 ・住所 東京都渋谷区神南一丁目20番17号 BC神南PROPERTY6F ・最寄駅 渋谷駅から徒歩3分 ・診療時間 火曜日〜金曜日:10:00~13:00 / 15:00~19:30土曜日・日曜日:10:00~13:00 / 14:30~18:00 ・休診日 月曜日・祝日※木曜日と日曜日は隔週で休み Zenyumの無料オンライン診断 【東京】新宿ルーブル歯科・矯正歯科 新宿ルーブル歯科・矯正歯科は、渋谷にも医院を構える歯科医院です。 「患者さまファースト」を重視し、通いやすくて「精度の高い治療」を提供しています。 どのグループクリニックでもスタッフの知識や技術力、院内環境や医療設備は常に高いレベルを維持されており、安心して治療を受けることができます。 ・住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル8階 ・最寄駅 JR、東京メトロ新宿駅 ・診療時間 火〜金:10:00~13:00 / […]

スマイルモア矯正とは?口コミや知恵袋の評判など

スマイルモア矯正とはZenyumと同様に、透明マウスピース矯正のブランドの一つです。 今回はスマイルモア矯正の値段や特徴、また口コミや知恵袋の評判を紹介します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 スマイルモア矯正の特徴 スマイルモア矯正にはいくつかの特徴があります。 ここでは主な特徴を4つ紹介します。 【特徴1】費用・値段 スマイルモア矯正の特徴の一つは値段です。 一般的なマウスピース矯正の費用は30万円〜60万円程度ですが、スマイルモア矯正は18.7~39.6万円で矯正治療をすることができます。 しかし治療範囲については前歯12本に限定した部分矯正のため、全体矯正は対象とはなりません。 【特徴2】治療期間 一般的なマウスピース矯正はの治療期間は3ヶ月〜半年程度が多く、治療範囲や症例によっては1年以上かかることもあります。 スマイルモア矯正も同様に約3ヶ月〜12ヶ月で治療をすることができます。 【特徴3】通院回数 スマイルモア矯正の通院頻度は3ヶ月に一回程度です。 一方でZenyumなどのマウスピース矯正のブランドでは、あらかじめ必要な枚数のアライナーを受け取り自分で交換していくため、1〜2回程度の通院で済むケースもあります。 他には毎月通院が必要な歯列矯正もあります。 【特徴4】対象の症例 スマイルモア矯正の対象の症例は以下の通りです。 八重歯・叢生 出っ歯・口ゴボ すきっ歯・空隙歯列 開咬・オープンバイト 正中線のズレ 過蓋咬合・ディープバイト スマイルモア矯正の口コミ ここではX(Twitter)に投稿されたスマイルモア矯正の口コミを紹介します。 【口コミ1】カウンセリング行ってきた スマイルモア矯正気になって、カウンセリング行ってきた💡ローンもう組みたくないし、カードの上限足りないから、今度ってことにして契約はしなかった。後戻りのみだから短期のプランで30万8千円、終了後のリテーナー上下各3万円ほかも調べて良さそうなら30万貯めてからまた来るわ… — りょう@二重部分切開DT (@lm_mmg2leo) March 28, 2023 【口コミ2】総額40万で矯正 前に投稿した2回目の歯科矯正のマウスピース受け取ってきた🦷 私の場合2回目だから期間も短くて3ヶ月で終わる予定だから頑張るっ! 何回考えても総額40万で矯正出来てありがたい… ▼このリンクから予約したら自動で最大3万割引になるよん◎ スマイルモア矯正:https://t.co/NGGJ13APY8 #提供 pic.twitter.com/TNFcfQVfHU — 木下マリア (@knst_mr) May 21, 2023 【口コミ3】お手軽なのであり 個人的に一度歯科矯正をしたことがある微調整やパッとみの印象に関わる前歯を中心に矯正したい人にはスマイルモア矯正は確かにお手軽なのでありだと思う。 下のリンクから2023年7月31日までに予約して、医院でこの投稿を見せると最大3万円割引にしてくれるみたいです! 🔗https://t.co/a3AGXnyBUZ — […]

歯の矯正の種類を紹介!マウスピース矯正やワイヤー矯正など

Zenyum隱形牙套

歯列矯正にはいくつかの種類があります。 特に代表的なものはマウスピース矯正、ワイヤー矯正、セラミック矯正です。 今回はその3つの歯列矯正について解説します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 代表的な歯の矯正の種類 歯の矯正の種類は主に以下の3つです。 ・マウスピース矯正・ワイヤー矯正・セラミック矯正 ここではそれぞれ詳しく紹介します。 【種類1】マウスピース矯正 マウスピース矯正は透明のアライナーを使って歯並びを整える矯正治療です。 透明のため「目立たない」ことが最大の特徴で、治療中でも日常生活に支障がありません。 また最新の3D技術を駆使しており、費用も安く、治療期間が短いことでも知られています。 【種類2】ワイヤー矯正 ワイヤー矯正は従来からよく知られている、金属製のワイヤーを装着して歯並びを整える矯正治療です。 ワイヤー矯正の最大の特徴は「症例が幅広いこと」です。 マウスピース矯正で治療できないような重度の症状でも、ワイヤー矯正であれば治療できるというメリットがあります。 一方で他の矯正の種類と比べて、治療費用が高かったり、治療期間が長くなる傾向があるデメリットがあります。 またワイヤー矯正には、以下のような種類も存在します。 ①リンガル矯正(裏側矯正) 裏側矯正(リンガル矯正)とは、歯の裏側にワイヤーを装着して歯並びを整えていく治療です。 表からはワイヤーが見えにくいため、比較的目立たずに矯正治療ができるメリットがあります。 ただし、ワイヤー矯正と比べて高度な技術を要するため、通常のワイヤー矯正よりも費用が高くなる傾向があります。 詳しくは「歯並びを目立たず治す!今注目されている裏側矯正(リンガル矯正)とは」の記事をご覧ください。 ②ホワイトワイヤー矯正 ホワイトワイヤー矯正は、白いブラケットを装着して歯並びを整えていく矯正治療です。 歯と同じ白色の器具を装着するため、比較的目立たずに矯正治療ができるメリットがあります。 ただし、ワイヤー矯正と比べて特殊な素材を使用するため、通常のワイヤー矯正よりも費用が高くなる傾向があります。 詳しくは「白い歯列矯正のホワイトワイヤー矯正!実際は目立つ?」の記事をご覧ください。 【種類3】セラミック矯正 セラミック矯正は、自分の歯を削り、セラミック製の歯の被せ物を使って歯並びを整える矯正治療です。 最大のメリットは、歯を動かす必要がないため「すぐに治療が終わる」ことです。 一方で一度削った歯は元に戻すことができず、また人工の被せ物をするため不自然に見える場合があるというデメリットがあります。 詳しくは「【徹底比較!】セラミック矯正とは?マウスピース矯正との違いも」の記事をご覧ください。 歯の矯正の種類の比較表 ここでは費用や治療期間などを含めた、マウスピース矯正・ワイヤー矯正・セラミック矯正の比較表を紹介します。   マウスピース矯正 ワイヤー矯正 セラミック矯正 治療期間 最短3ヶ月 通常1年〜2年程度(症例によってはそれ以上) 1〜2ヶ月程度 見た目 透明のアライナーを使うため目立たない 目立つ、ただし裏側矯正やホワイトワイヤーをする場合は、やや目立ちにくい   費用・値段 30万円程度から 通常100万円〜200万円程度 1本数5万円〜10万円程度 歯への影響 多くの枚数のアライナーを交換しながら、少しずつ歯を動かしていくため、歯への負担や痛みは少ない ワイヤーを使って強く歯を動かすため、ワイヤーの調整直後は強い痛みが発生する。また歯磨きやオーラルケアがしにくい。 […]

【Zenyum体験レビュー】インフルエンサー・Ekoさん

マウスピース矯正体験レビュー

今回はZenyumのマウスピース矯正を体験した、フィットネストレーナー兼インフルエンサーのEkoさんのレビューを紹介します。 Zenyumの無料オンライン診断 この記事の内容 Zenyumとの出会いときっかけ 子どもの頃から歯列矯正には興味がありました。 ただ当時は歯科矯正といえばワイヤー矯正、目立つためなかなか踏み出せずにいました… 海外での経験 その後15歳の頃に渡米したのですが、学校にいくとみんな矯正をしていて「矯正をするのが当たり前」といった感じでした。 現地では歯並びが悪いと「矯正治療ができない=お金がない」というイメージがあるようでした… でも現地で治療をすると治療費がとても高く、低コストで矯正ができる方法はないかと探し求めていました。 マウスピース矯正との出会い 日本に帰国した際に、知り合いを通じてZenyumのマウスピース矯正を知りました! 他の歯列矯正と比べて低価格で、しかも目立たずに治療できることが分かったので、マウスピース矯正に挑戦することにしました。 気になっていた歯並び 私の場合は下の歯のガタつきと、口ゴボを治したいと思っていました。 日常生活には支障はありませんでしたが、口を大きく開けて笑うと歯並びが見えてしまうので抵抗がありました。 ですので「人生で一回は歯科矯正をやりたい!」と強く思っていました。 Zenyumを選んだ決め手 日本には沢山のマウスピース矯正ブランドがありますが、Zenyumを選んだきっかけは「圧倒的に丁寧なカスタマーサポート」です。 私の場合はCEOの伊藤さんが直接説明をしてくださったのですが、営業という感じではなく、私のためにパーソナライズして熱心に話してくれたのが印象的でした。 安心できる「治療計画」 もう一つの決め手となったのは「治療計画」です。 Zenyumでは治療をスタートして歯並びが整うまでの治療計画(シミューレーション)を、事前に3D映像でチェックできます。 もちろん「本当に治るのか」という不安はありましたが、治療計画を見ることで歯並びが整っていくイメージを掴むことができました! Zenyumを始めてみて感じたこと 一番に感じがことは「とにかく目立たない!」ということでした。 Zenyumのマウスピース矯正を始めてから、一人にも気づかれたことはありません。 自分からマウスピース矯正をしていることを言うと、みんな気づかなかったと驚いてくれます(笑) あと「滑舌」についても、最初はアライナーを装着していると喋りにくいイメージがありました。 でも慣れてくると気にならず、Youtubeなどの撮影の際もマウスピースを装着するまま撮影できるようになりました! 口臭の不安も解消! もう一つ気になっていたことで言えば、「口臭がしないかどうか」でした。 これも事前に伊藤CEOに聞いてみたのですが、「逆にオーラルケアの意識が高まって歯磨きの頻度が増える。気にならない」とコメントを頂きました。 実際に自分でマウスピース矯正を始めてみるとその通りで、歯磨きの回数が増えて以前よりエチケットをするようになりました! そのほかの環境の変化 あとZenyumを始めたことでの大きな変化は「間食が減った」ことでした。 私は仕事がら減量をしなければならないことがあるのですが、今までは減量することがストレスになっていました。 でもマウスピース矯正をすると取り外しの手間もあるので、自然と間食の回数が減り、ダイエットがしやすくなりました! 美意識がアップ! あとは今まで以上に自分に対する「美意識」が上がったと思います。 女性は特に「自分磨き」をしていると、自分のことが好きになると思いますが、マウスピース矯正で美意識が高まってから、より自分のことが好きに慣れていると感じます! Zenyumのおすすめポイント! Zenyumのおすすめポイントを挙げるとしたら、やはりこの3つになると思います! ①カスタマーサポートが丁寧!②透明で本当に目立たない!③納得するまで追加治療できる! カスタマーサポートは伊藤さんはじめ、複数のスタッフの方にお世話になり、本当に満足のいくものでした! 治療をスタートしたばかりの時は少し痛みがあったのですが、そのときも専用アプリのチャットで丁寧に相談に乗ってくれました。 追加治療も納得いくまで! また「追加治療」も納得いくまでできるのも大きなメリットです! 最初に必要な枚数分のアライナーを受け取るのですが、全てのアライナーが終わっても「ここをもう少し治したい」という部分が出てきます。 そういった場合でも「もう終了です」ではなく、アライナーを追加してもらえるため、納得いくまで治療を続けることができます! Ekoさんのレビューまとめ 今回はフィットネストレーナー兼インフルエンサーのEkoさんにインタビューをしました。 Zenyumは透明のアライナーで歯並びを整えていくため、とにかく目立たず周囲からも気づかれることはありません。 また丁寧なカスタマーサポートもZenyumの大きな強みで、LINE公式アカウントからも気軽に相談することができます! Zenyumでは無料オンライン診断を受け付けておりますので、以下のフォームからお気軽にお申し込みください。 […]

切端咬合とは?読み方や矯正での治し方も

切端咬合

今回は切端咬合とは何か?また読み方や歯列矯正での治し方について詳しく解説します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 切端咬合とは?読み方も 切端咬合とは「せったんこうごう」と読み、厚生労働省のサイトでは以下のように説明されています。 上下の歯の先端がちょうど当たる状態。 上の歯と下の歯の間に本来あるはずのスペースがなく、放っておくと、歯の先が欠けたり磨耗したりする場合がある。 上下の前歯の先端が、ちょうどぶつかってしまっている状態をいいます。 以前解説をした「受け口(反対咬合)」は、この切端咬合の下顎が前に出た状態であると言えます。 切端咬合の原因 切端咬合にはいくつかの原因があります。 ここでは主なものを紹介します。 【原因1】先端的な骨格 生まれながら上顎に対して下顎が大きく発達することで、切端咬合になる可能性があります。 【原因2】舌の癖 普段から舌の位置が下にあると、下顎の歯列が前に押し出され、切端咬合になる場合があります。 【原因3】歯の生え方 骨格に問題がなくても、歯の生え方・生える方向によって、切端咬合になる可能性があります。 切端咬合に関するSNSのコメント ここで切端咬合に関するX(Twitter)のコメントを紹介します。 【コメント1】すごいなぁ矯正 長女の歯の矯正切端咬合で(まあ多分夫の遺伝子)矯正1ヶ月目で効果めっちゃ出てきて前歯出てきた!すごいなぁ矯正。 — あかり貯金生活📕『貯まる家計簿』 (@chokinjp) December 2, 2022 【コメント2】切端咬合解消のための顎切手術 機内食は固形物だから、食べられない、という問題がある。 3月末に顎関節症と切端咬合解消のための顎切手術後、口の中に歯列矯正の装置ががっちり入っていて、ものを食べると口の中が大変なことになる。… — 柳美里 (@yu_miri_0622) September 25, 2023 【コメント3】コンプレックス 受け口気味やし切端咬合やし2番捻転して八重歯な歯並びがコンプレックスですがなんとか生きてます。 pic.twitter.com/5ADM2Yxm4Z — りーにゃん (@ririririri_nnya) March 3, 2021 切端咬合の治し方(矯正など) ここでは切端咬合の治し方、歯列矯正での治療などについて紹介します。 【治し方1】マウスピース矯正 最も気軽にできる治療方法はマウスピース矯正です。 マウスピース矯正は透明のアライナーを使用し、目立たないまま安い費用で治療できる歯列矯正です。 主なブランドにはZenyumやOh my teethなどがありますが、治療範囲も異なるため、一度無料オンライン診断を受けることをおすすめします。 マウスピース矯正の無料診断 […]

Zenyum JapanのCEO・伊藤 祐の社内インタビュー

今回はZenyum Japanの代表取締役CEOである、伊藤 祐(いとうたすく)への社内インタビューを実施しました! 本記事ではZenyum Japanを立ち上げた経緯や実際に自身でマウスピース矯正を体験した感想を紹介します。 Zenyumのマウスピース矯正とは この記事の内容 伊藤 祐のプロフィール 慶応義塾大学・経済学部卒。 2011年にアクセンチュア株式会社に入社し、フィリピンやシンガポール等でビジネスプロセス改善のプロジェクトに従事。 2016年にフロスト&サリバンジャパンに転職。2019年からOYO Japan(現:Tabist)で全社戦略の策定および推進、営業戦略の立案等を主導。 現在はシンガポール発の歯科製品ブランド『Zenyum』の日本法人Zenyum Japanの代表取締役社長兼CEOとして日本でのビジネス拡大を主導。 Zenyum Japanを立ち上げた経緯 アクセンチュアでコンサルタントをしていた時代から、コンサルタント時代から「自分で事業をドライブしたい」「手触り感のある仕事がしたい」そして「いつか経営者になりたい」という思いがありました。 事業推進として「OYO Japan」に転職してから、一層自分自身でコントローラーを持ち、事業を前に進めていきたいという気持ちが強くなりました。 そんな時にZenyumから「今度満を持して日本進出をするのだが、日本でのビジネス立ち上げおよびその後の事業拡大をリードしてほしい」という声をかけてもらいました。 会社の掲げるミッションや本社経営陣たちの想いやコミットメントにとても共感でき、「ついに自分自身の手で事業を推進できるチャンスが来た!」と思いZenyum Japanを立ち上げることにしました。 Zenyumで仕事をする意義 Zenyumの本社は「Smile More.」という非常にシンプルかつ強力なミッションを掲げています。 もちろんZenyum Japanもそれに従っていますが「本社が強く存在意義を定義しているから、日本法人もそれに従っていればいいよね」というわけではありません。 安い費用やグローバルな症例など、プロダクトやサービス、ビジネスモデルの優位性は沢山ありますが、「なぜZenyum Japanは存在するのか?」という根源的な問いに答える必要があります。 その答えをを一言で表すと、やはり「Smile more.」の2ワードに落ち着きますが、言い換えると「素敵な笑顔を手に入れ、自信を持って笑うようになる手段を提供する」ことが、Zenyum Japanの存在意義と言えます。 自身でマウスピース矯正をした感想 自身でもZenyumのマウスピース矯正を始めた理由は「自分の人生を賭けているサービスだからこそ、何よりも自分が体験し、結果を体現する必要があると考えているから」です。 マウスピース矯正は今でこそ市民権を得られてきていますが、Zenyumをの魅力を伝えていく上で「サービス提供側が、その価値や良さを心から信じていること」が欠けているとどこかで躓きます。 自分自身が提供するZenyumにより自信と愛情を持つためにも「自分自身で体験すること」にしました。 治療計画のシミュレーション 無料で提供しているオンライン診断を終えて治療を受ける前に、3D映像でシミュレーションを確認することができます。 以下が実際に私の歯並びの正面から見たシミュレーションです。 次に以下が下顎のシミュレーションです。 そして以下が、上顎のシミュレーションです。 見ていただいているように、予め治療後のイメージが分かると、安心して歯列矯正を始めることができます。 マウスピース矯正のブランドによってはアライナーを変える毎に歯科クリニックに通い、都度都度アライナーを作成するため、治療シミュレーションが確認できないものもあります。 Zenyumでは歯並びが綺麗に整うまでの必要な分のアライナーを最初に受け取るため、一定期間ごとに自宅で自分で交換することで治療を進めることができます。 矯正治療中の様子 歯列矯正は「痛い」というイメージが強くありました。 実際にZenyumを始めたところ、1枚目のアライナーを装着した時には痛みを感じましたが、3日程度すると痛みも感じなくなりました。 その後のアライナーを交換するときも、それほどの痛みはありませんでした。 歯科クリニックには、自分の場合は3回通院をしましたが、これも通常の歯科矯正に比べたら圧倒的に少ない回数です。 矯正治療後の結果 治療前は八重歯が目立っていたり、っぽいところがあったり、上顎に少しがたがた(叢生)があったり、正中に若干のずれがありました。 治療後はこれらの症状がほぼすべて改善し、叢生・正中ともに改善しました。 元々歯を出して笑うのが苦手だったのですが、矯正で歯並びを整えてから自信をもって笑顔になれるようになったと感じています。 また歯に対する意識が上がったことからホワイトニングも始めて、もっと自分の歯に自信を持てるようになりたいと感じました。 […]

白い歯列矯正のホワイトワイヤー矯正!実際は目立つ?

mắc cài pha lê đạt tính thẩm mỹ cao

この記事の内容 ホワイトワイヤー矯正を知っていますか? ホワイトワイヤー矯正は白色のブラケットを使うことで、目立たずに歯列矯正ができると話題のワイヤー矯正です。 今回はホワイトワイヤー矯正は実際に目立たないのか、メリットやデメリット、値段・費用について詳しく紹介します。 マウスピース矯正の無料診断 ホワイトワイヤー矯正とは? ホワイトワイヤー矯正とは、白いブラケットを使って歯並びを整えていくワイヤー矯正です。 従来のワイヤー矯正は金属製のブラケットを使用するため、治療中に周囲から目立ってしまうというデメリットがありました。 それに対してホワイトワイヤー矯正は白いブラケットを使うため、比較的目立たず見た目も気になりにくいと言われています。 ここではホワイトワイヤー矯正のメリットとデメリットを紹介します。 ホワイトワイヤー矯正のメリット ホワイトワイヤー矯正のメリットは上石神井くろだデンタルクリニックのサイトでも紹介されているように、目立たず見た目が気にならないことです。 ホワイトワイヤー矯正の最大の特徴は矯正装置が目立たない点です。 ワイヤーが白いため、従来の銀色のワイヤーのようにギラギラ光りません。 さらに、歯に装着するブラケットを白色や透明にすることで矯正装置がより目立たなくなります。 そのため仕事など人前にいる際に気になりにくく、日常生活に支障が少ないと言われています。 ホワイトワイヤー矯正のデメリット 一方でホワイトワイヤー矯正にはデメリットもあります。 大宮SHIN矯正歯科によると、葉の色の黄ばみによって、逆に白色のブランケットの色が浮いてしまう場合があります。 ホワイトワイヤーは歯と同じ白色なので一見目立ちにくそうですが、歯は少し黄ばみがかっているので実際は真っ白なホワイトワイヤーだと浮いてしまう可能性があります。 自分自身の歯とブラケットの色が一致する必要があり、ホワイトワイヤーで治療するかどうか慎重に検討する必要があります。 ホワイトワイヤー矯正の値段・費用 ホワイトワイヤーの費用・値段は、通常のワイヤー矯正よりも高くなる傾向にあります。 通常のワイヤー矯正は100万円〜200万円程度かかるケースが多くあります(症例による)。 ホワイトワイヤー矯正は本当に目立たない? ホワイトワイヤーは目立たないと言われていても、器具が全く見えなくなるわけではありません。 突起物がついていることと、歯の色の黄ばみなどで色の違いが生じる場合もあるので、近くで見ると目立ってしまいます。 全く目立たないように歯列矯正をしたい場合は、透明のアライナーを使用するマウスピース矯正をおすすめします。 マウスピース矯正の無料診断 ホワイトワイヤー矯正の評判・口コミ ここではX(Twitter)に投稿されている、ホワイトワイヤー矯正に関する評判・口コミを紹介します。 【口コミ・評判1】ホワイトワイヤー卒業 ホワイトワイヤー卒業して銀のワイヤーになって3番と奥歯にゴムついた!痛いのがうれしい〜〜! pic.twitter.com/eIR84i4qZy — つきちゃん🌙歯列矯正 (@pink_____0001) December 24, 2022 【口コミ・評判2】そんなに目立たないや😳 着いちゃいました〜…😚✨やっーーーーーとだ笑笑ホワイトワイヤー本当にすごい!そんなに目立たないや😳 pic.twitter.com/LusNMCAgd6 — 顎なしちゃん (@Nj1TFJkGyjaicOc) October 7, 2021 【口コミ・評判3】2年5ヶ月でブラオフ 【矯正結果報告】🌷start:2020.01.01🥅goal :2122.05.30🦷表側ワイヤー矯正(ホワイトワイヤー)💰88万 調整費なし 2年5ヶ月でブラオフでした!大満足ってわけでも無いけど(笑)断然やってよかった🥺!!マスク生活なのもやっぱりありがたかったです!迷ってる人がいたら是非やってほしい!! pic.twitter.com/Y2ycJK7uYG — […]

湘南美容外科・歯科のマウスピース矯正とは?値段や口コミ・評判

マウスピース矯正とは

テレビCMなどで有名な湘南美容外科ですが、マウスピース矯正もできることをご存知ですか? 湘南美容外科は歯科矯正治療も提供しています。 今回は湘南美容外科のマウスピースの特徴や値段、口コミ・評判などを詳しく紹介します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 湘南美容外科のマウスピース矯正とは? 湘南美容外科のマウスピース矯正は、複数のマウスピース矯正ブランドを採用しており、湘南マウスピースやクリアコレクト、また海外のブランドを扱っています。 いずれもZenyumやOh my teethと同様、透明のアライナーを使用するマウスピース矯正です。 湘南美容外科の矯正治療症例 湘南美容外科のマウスピース矯正の主な症例は、以下の通りです(一部)。 ・捻転歯・出っ歯(上顎前突症)・叢生(歯のがたがた)・ディープバイト・すきっ歯(空隙歯列) など 湘南美容外科のマウスピース矯正値段 湘南美容外科のマウスピース矯正の値段・料金は、使用するブランドによって異なります。 ここでは「湘南マウスピース」を使用する場合について紹介します。   料金・値段 片顎 99,800円(上限8枚) 両顎 138,000円 アライナー1枚 3,700円/枚 保定リテーナー1枚 3,700円/枚 舌側ワイヤーリテーナー 23,800円/個 精密検査 無料 クリーニング 4,500円〜12,960円 湘南マウスピースの治療期間 湘南マウスピースの治療期間は症例によって異なりますが、短い場合で半年程度と言われています。 湘南マウスピースの通院回数 最初の診察やシミュレーションの説明、マウスピース矯正のお渡しでそれぞれ通院が必要です。 その後は経過観察と新たなアライナーの受け取りのため、約4~8週間に1度の通院が必要です。 一方でZenyumなどのブランドでは、一度に全ての必要な枚数のアライナーを受け取り、通院せずに治療を進められるものもあります。 Zenyumのマウスピース矯正 湘南マウスピースの口コミ・評判 湘南マウスピースの口コミ・評判についてTwitterの声を調べましたが、まだ検討段階の人も多いようです。 湘南美容歯科でマウスピース矯正考えてるんだけど、評判知りたい…経験ある人いますか…?🥺 — りっちゃん*🍎 (@ritsu_puro) July 29, 2023 歯の矯正ワイヤーのがいいの分かってるんだけどマウスピースじゃダメかのう😢? 子供の頃から半年に1回は歯医者言ってるけど矯正進められた事はないんだけど、できればやりたい 今んとこ湘南で考えてるん — あき (@akikan_pua) […]

【解説】クリアコレクトの矯正とは?症例や値段・費用も

マウスピース矯正とは

日本には15以上のマウスピース矯正ブランドがあります。 今までにZenyum(ゼニュム)やキレイライン矯正、Oh my teeth(オーマイティース)などを紹介してきました。 今回はクリアコレクトの症例や値段・費用について詳しく紹介します マウスピース矯正の無料診断はこちら クリアコレクトのマウスピース矯正とは クリアコレクト(ClearCorrect)とは、2006年に北米で誕生したマウスピース矯正ブランドです。 今までで50万人以上の患者の歯列矯正に携っています。 クリアコレクトの特徴は、幅広い症例に対応していることです。 クリアコレクトの矯正治療症例 クリアコレクトは以下の症例に対応しています(一部)。 ・叢生(歯のがたがた)・反対咬合、交叉咬合(クロスバイト)・開咬(オープンバイト)・切端咬合・すきっ歯(空隙歯列)・正中線のずれ・捻転歯 クリアコレクトの費用・値段 クリアコレクトの費用・値段はクリニックによって異なります。 基本的に150,000円〜550,000円の間で提供されているケースが多く、その他に検査費用やリテーナー費用がかかります。 (参照:南青山矯正歯科) クリアコレクトの治療期間 クリアコレクトの治療期間は、半年〜3年ほどと言われています。 また保定期間は1〜3年ほどと言われています。 (参照:須賀川みらい歯科クリニック) クリアコレクトの通院回数 クリアコレクトの通院回数・通院頻度は、通常は2〜3ヶ月と言われています。 (参照:須賀川みらい歯科クリニック) クリアコレクトの評判・口コミ ここではTwitterに投稿されている、クリアコレクトの評判・口コミを紹介します。 【評判・口コミ1】口が閉じやすくなった クリアコレクト 7番目!右前歯は変わらず出てるけど、、、開咬してる隙間が少しずつ少しずつ狭くなっている✨🥲若干だけど口が閉じやすくなったかも。#歯列矯正#クリアコレクト #マウスピース矯正 pic.twitter.com/VwndskD3uZ — mon 歯科アカ (@mon55637782) July 9, 2023 【評判・口コミ2】こんなに痛いの…? 歯の矯正始めた。。痛い。。こんなに痛いの…??クリアコレクト。。 — Misato (@mmstxx) February 23, 2022 【評判・口コミ3】再度アライナー追加 クリアコレクト症例後戻りの再治療で10枚(2ヶ月半)終了時点。もうちょっと治したいので再度アライナー追加。このメーカーのものは今のところ部分矯正が限界と思われる。 pic.twitter.com/yGZkSn2syj — ももでん (@momoden5) September 7, 2020 […]

Zenyumのマウスピース矯正の仕組みや効果

Zenyumのマウスピース矯正の仕組みや効果

透明のマウスピース矯正がどのように歯並びを整えるのか、気になったことはありませんか? Zenyum(ゼニュム)があなたの歯並びや表情をどのように改善するのか、その仕組みをご紹介します。 従来のワイヤー矯正に別れを告げ、目立たない方法で素敵な笑顔を手に入れましょう! Zenyumの無料オンライン診断 この記事の内容 マウスピース矯正がどのように歯を移動させるのか Zenyumには、「ZenyumClear™」と「ZenyumClear™ Plus」という2つの治療プランがあります。 ZenyumClear™は軽度の症例に、ZenyumClear™ Plusはより重度の症例に対応しています。 アライナーの装着 Zenyumの治療を受ける患者は、3Dプリンターで作られた透明なアライナーセットを装着していきます。 それぞれのアライナーは、歯に軽い圧力をかけることによって、個々の歯を正しい位置に徐々に移動させていきます。 アライナーの交換 アライナーセットの交換が進むにつれて、歯はゆっくりと理想の歯並びの位置に移動していきます。 だいたい10日ごとに、アライナーを1セット装着したら次のセットに切り替えていきます。 Zenyumでは、公式アプリで治療状況を確認できるのが最大の特徴です。 治療終了後、歯科医から少なくとも3ヶ月間は毎日リテーナーを装着するように推奨されます。 これであなたの理想の歯並び・笑顔を実現できるでしょう! アライナーについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 アライナー矯正とは?メリット・デメリットや起こりうるトラブルについて徹底解説! ZenyumClear™とZenyumClear™Plusの違い ZenyumClear™は軽度の症状の方におすすめで、治療期間は約3ヶ月から9ヶ月です。 上記のお客様は、わずかな歯並びの乱れがあっただけで、ZenyumClear™によって7ヶ月で理想の歯並びを手に入れることができました。 中間検査1回と終了検査1回を含めて、必要なアライナーはわずか16セットだけでした。 ZenyumClear™ Plusは、アタッチメントや抜歯が必要な、より重度で複雑な症例に対応した治療プランです。 治療期間は9ヶ月から15ヶ月程度です。 上の写真では、かなり複雑な症例でしたが、ZenyumClear™ Plusの治療により、13ヶ月で矯正が完了しました。 アライナー枚数:28セットのアライナーと10回の矯正セッション。 初回のフィッティング、3回の中間治療診断、最終的な治療診断を含め、5ヶ月の通院で済みました。 Zenyumのマウスピース矯正のよくある質問 ここではZenyumの透明マウスピース矯正に関する、よくある質問をいくつか紹介します。 Q1.マウスピース矯正の治療期間は? 1セットのアライナーは10日間使用し、その後別のアライナーに交換する必要があります。 歯並びの程度にもよりますが、治療期間は3~15ヶ月です。 Q2.マウスピース矯正を着けたまま食事はできますか? いいえ、食事の前には必ずアライナーを外す必要があります。 食後には歯を清潔な状態にして、すぐにアライナーを装着するようにしましょう! Q3.安価なアライナーに効果がありますか? 低品質のアライナーは耐久性が低く、破損しやすい場合があります。 歯の矯正を希望される場合は、必ず歯科の専門家にご相談されることをお勧めします。 Zenyumを選ぶメリットについては「【公式】Zenyum(ゼニュム)のマウスピース矯正の評判・口コミを紹介!」の記事をご覧ください。 マウスピース矯正の仕組みや効果のまとめ ぜひZenyumのマウスピース矯正で、あなたの理想の笑顔を手に入れてください。 Zenyumでは無料オンライン診断を受け付けておりますので、以下のボタンからぜひお試しください。 Zenyumの無料オンライン診断 他のおすすめ記事はこちら 『ゼニュムとインビザラインの矯正比較!費用・値段や治療期間等』『ワイヤー矯正とは?特徴やメリット・デメリットを解説』

市販・通販の安いマウスピース矯正が良くない理由と危険性

私たちはみんな素敵な笑顔が大好きです。 それを手に入れるために、思わず簡単な近道を探そうとする人もいるかもしれません。 例えば安い市販や通販の歯列矯正を試そうとする人も少なくありません。 しかしこのような方法は、実はあなたの歯並びや口内環境に悪影響を与えるかもしれず、おすすめではありません。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 市販・通販の歯列矯正とは 市販・通販の歯列矯正は、歯並びを良くするための安い手段として紹介されています。 市販・通販の歯列矯正は、歯科医師の診察を受けることなく、自分で歯並びを矯正する治療法ですが、歯科矯正医師にとっては最悪の治療法といえます。 実際は「見せかけの歯列矯正」から輪ゴムを使った方法、家庭用の市販アライナーまで、通販やオンラインショップで入手可能です。 それにとどまらず髪用の輪ゴムやクリップさえも歯の矯正に使われているケースもあります。 これらの方法は理想の歯並びを手に入れるのに、絶対に避けるべき危険な方法でしょう。 市販・通販の歯列矯正の効果 理想の歯並びを手に入れるために、なるべく安い方法を選ぼうと考えがちです。 しかし市販・通販の安い歯列矯正は、あなたの歯並びを悪化させたり口内環境を害するデメリットがあります。 市販・通販の歯列矯正は歯周病になる危険性が高く、治療をせずに放置すると大切な歯を失うリスクが高まります。 また「噛み合わせ」が悪化し、あたなの歯並びに取り返しのつかないダメージを与える可能性もあります。 多くの場合で市販・通販の歯列矯正は、免許を持った歯科医や矯正歯科医によって装着されておらず、安全かつ衛生的な環境で行われていない可能性が高いです。 また市販・通販の歯列矯正の中には、一人一人の歯並びの状況に合わせた形になっていないため、多くの危険性があります。 Zenyumのマウスピース矯正 なぜ市販・通販の歯列矯正は失敗するのか 歯列矯正の専門医師は、一人一人の歯並びと噛み合わせを考慮して治療を進めます。 そのため歯科医師が歯列矯正治療の妨げとなる潜在的な問題を発見できるよう、事前のカウンセリングや診断が非常に重要です。 歯を動かすには精密さが要求され、見えない矯正装置を使用する場合、歯並びを動かすための「アタッチメント」が必要な人もいます。 ※アタッチメント‥マウスピース型矯正で使用するアタッチメントとは、マウスピースが歯にしっかりと固定され、歯を動かすための圧力がかかるように設置する白い突起物のこと(参照:池袋駅前歯科・矯正歯科) 最後に治療の進捗状況を把握するために、患者と矯正医との間で一貫したコミュニケーションが必要です。 ほとんどの市販・通販の歯列矯正は、説明可能なプロセスを提供しておらず、口内環境の危険性が高まります。 市販・通販の歯列矯正器具を装着することであなたの歯並びが損なわれた場合、それを修正するのに長い時間がかかり、さらに多くの費用がかかる可能性があります。 また通常の歯列矯正を選んだ場合よりも、多くのお金を支払うことになるかもしれません。 ・本物の歯列矯正と市販・通販の矯正との比較 Zenyumのマウスピース矯正では、透明性のある治療を行っています。 事前診断から治療が終わるまで、すべてのステップでお客様と一緒に考えます。 私たちの治療計画は、何よりも先に提携歯科医の承認を得ています。 もしあなたの歯がマウスピース矯正に合わない場合でも、私たちは診断結果をありのままお伝えします。 歯列矯正・マウスピース矯正を始める際は、最初のカウンセリングは信頼できる提携クリニックの専門歯科医によって行われます。 歯科クリニックでの診察ではまず、X線スキャンと歯の3D口腔内スキャンをすることができます。 Zenyumは一貫したコミュニケーションのために、LINE公式アカウントやアプリを介して患者様と私たちのカスタマーケアチームをつなぐことで、スムーズに治療を進めることができます。 さらにリモートでの治療モニタリングが可能なため、歯科クリニックへの通院回数を最小限(1〜2回程度)に抑えることができます。 ・市販・通販の歯列矯正で危険を冒すのはやめましょう 理想的は歯並びを手っ取り早く手に入れようとして、市販や通販の歯列矯正を試すことは、口内環境にとって大きなリスクと危険性を伴うためおすすめできません。 あなたの歯は一生ものです。Zenyumでは専門医師やパートナーとの幅広いネットワークで、あなたの素敵な笑顔の実現を応援します。 ※Zenyumのサポートチームについては、「歯科矯正の無料カウンセリングは『スマイルアドバイザー』に相談!」の記事をご覧ください ぜひ以下の無料オンライン診断フォームから、マウスピース矯正の相談を始めてみてください。 Zenyumの無料オンライン診断 この記事の参照元 https://www.burlingamesmilestudio.com/blog/diy-braces-why-you-should-not-participate-in-the-trend/ https://www.colgate.com/en-my/oral-health/early-orthodontics/risk-of-fake-braces-for-kids https://www.nst.com.my/news/nation/2022/10/838866/dont-be-deceived-fake-dental-braces-uncertified-dentists  

マウスピース矯正ができない人の症例を紹介

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正の無料診断 マウスピース矯正ができないケースと症例 マウスピース矯正は短期間かつ安価で歯並びを整えることができることから、今最も人気の歯列矯正です。 しかしマウスピース矯正は、全ての症例に対応しているわけではありません。 ここではマウスピース矯正ができないケースや症例について、詳しく紹介します。 【例1】外科手術が必要なケース 術前矯正が必要が必要な場合は、すぐにマウスピース矯正を始めることはできません。 術前矯正というのは、マウスピース矯正の前に外科手術をしなければいけない症例のことです。 主に、顎変形症などがこの例に当てはまります。 もし、知識や技術力のない医師がそれに気づかず患者様の要望に応えてマウスピース矯正をしてしまうと、せっかく歯列矯正をしたのに歯並びが悪いままだと感じてしまう患者様もいらっしゃるかもしれません。 (参照:共立美容外科) 骨格まではマウスピース矯正で治せないため、矯正開始前に手術をする必要があります。 【例2】埋伏歯が影響するケース 埋伏歯は、歯茎の中に埋まってしまっている歯のことで、マウスピース矯正で動かすことはできません。 マウスピース矯正で動かせるのは親知らずのみで、埋伏歯を動かすにはワイヤー矯正をする必要があります。 【例3】抜歯が必要なケース 歯を動かすために抜歯をする場合も、マウスピース矯正での治療ができない可能性が高くなります。 いずれのケースも判断が難しいため、まず専門の歯科医師による無料診断を受けることがおすすめです。 マウスピース矯正の無料診断 部分矯正ができない事例 部分矯正とは、歯の目立つ部分だけを部分的に矯正し、見た目を綺麗に整える治療のことです。 ここでは部分矯正ができない、代表的な事例を紹介します。 【事例1】歯を動かすスペースが足りない 通常歯を動かすスペースを作るときは、IPRという方法で歯のエナメル部分を削ります。 しかしこのIPRだけでは歯を動かすスペースを十分に開けられない場合は、部分矯正ができない場合があります。 歯のサイズに対して歯を収める土台が小さいことが原因なのですが、 歯が収まりきれない度合いがひどくなると、IPRで得られるスペースでは足りなくなるため、IPRを用いた部分矯正はできなくなります。 (参照:ユニゾン矯正歯科) 【事例2】歯の中心(正中線)が揃っていない 上下の歯の真ん中に当たる部分を「正中線」と言われます。 その正中線が上下で揃っていない場合も、部分矯正で治療できない可能性があります。 この場合は奥歯から歯並びを整える「全体矯正」を勧められるケースが多いです。 【事例3】オープンバイト(開咬)の場合 オープンバイト(開咬)とは、上下の歯の噛み合わせが悪く前歯が閉じない状態のことです。 この症例も部分矯正では治せず、全体矯正が必要なケースが多くなります。 部分矯正ができない場合はどうすればいい? では部分矯正ができない場合に、どうすればいいのでしょうか? ここでは具体的な対処法について、紹介します。 【対処法1】専門家に相談する 部分矯正ができない場合はもちろんですが、部分矯正ができるかどうか判断できない場合も含め、まずは専門家に相談しましょう。 最近では無料オンライン診断や、LINE公式アカウントでの無料相談をしている会社が増えています。 まずは一人で悩まず、専門家に相談してみましょう。 LINEでの無料相談はこちら 【対処法2】対象外の場合は「全体矯正」を 部分矯正ができない場合でも諦める必要はありません。 ZenyumやOh my teethといったマウスピース矯正ブランドでは、全体矯正をすることができます。 費用も従来のワイヤー矯正に比べて大幅に安い金額で治療できるので、全体矯正をすることをおすすめします。 マウスピース矯正ができない人の症例まとめ 部分矯正は歯並びの審美性を良くするのに、シンプルな治療方法です。 しかし症例によっては、どうしても部分矯正ができないケースがあります。 そんな場合でも「全体矯正」をすることで、奥歯から歯並びを整えることができます。 まずは自分で判断しようとせず、専門の歯科医師に診てもらい、自分に最も適した歯列矯正をするようにしましょう。 マウスピース矯正の無料診断

Search

免責事項

このデバイスまたはソフトウェアは、いかなる医療目的(いかなる病状または疾患の検出、診断、監視、管理または治療など)にも使用されることを意図していません。 このデバイスまたはソフトウェアによって提供される健康関連の情報は、医療アドバイスとして扱われるべきではありません。必要な医療アドバイスについては、医師にご相談ください。

検索する

Subscribe

to our newsletter

Receive weekly product promos, information and oral care tips!