【まとめ】マウスピース矯正のデメリット徹底解説!ワイヤーとの比較も(2024年6月最新版)

マウスピース矯正の無料オンライン診断 マウスピース矯正のデメリットは? 様々な歯列矯正方法がある中で、最近特に人気なのがマウスピース矯正。総じて、「価格がリーズナブル」「透明で目立たない」「通院回数が少ない」など、他の矯正方法に比べて魅力的なポイントが多く、その事からマウスピース矯正を選ぶ方が増えております。 一方で、ワイヤー矯正などと比べてデメリットとなる部分も幾つかあり、これらを理解しないと後で後悔する原因になります。そこで、本記事では、マウスピース矯正の主なデメリットを徹底解説。最終的には、これらのデメリットを許容できるかどうかによって、マウスピース矯正があなたに合った矯正方法かが分かりますので、歯列方法にお悩みの方は必ず把握してください。 【デメリット1】1日20時間以上装着する必要がある マウスピース矯正ではアライナーを1日20時間以上装着しないと効果が期待できません。 従来のワイヤー矯正では患者自身が取り外すことができないようになっていました。しかし、マウスピース矯正はご自身で簡単に着脱できるようになっております。これは、大きなメリットであるのと同時に、デメリットになりかねないポイントで、装着をサボってしまうと治療自体が上手く行かない原因にもなりますので、要注意です。 「マウスピース矯正を続けられるかが心配」とおっしゃる方が多いのもここが原因ですが、マウスピース矯正経験者の話を聞くと、「慣れるまでの最初の2-3日は正直しんどいけど、そこからは慣れてしまって全く苦にならなくなった」とおっしゃる方も多いので、最初の数日を乗り切る意思の強さがあれば大丈夫です。 【デメリット2】噛み合わせが悪く感じることもある マウスピース矯正では、自分の歯形に応じたアライナーを装着します。 アライナーは歯全体を覆うようになっていますが、装着時に噛み合わせに違和感が発生することもあります。 時間の経過とともに慣れてきますが、治療開始まもないときは、まだ違和感を覚える人も多いかもしれません。 【デメリット3】全ての症状に対応しているわけでは無い マウスピース矯正は全ての症状に対応できるわけではありません。 どちらかというとワイヤー矯正の方が多くの症状に対応できる矯正方法となります。例えば、 ・抜歯をして歯と歯の間が大きく空いてしまった ・重度の凸凹 ・顎変形症 などの症状の場合、マウスピース矯正では治療できないことがほとんどです。症状によってマウスピース矯正以外の矯正方法を選択しなければならないこともあります。 ただ、ゼニュムのようなマウスピース矯正ブランドはオンラインでの無料診断を行っているので、マウスピース矯正を検討したい方はひとまず無料診断を行ってみるのが良いでしょう。他のマウスピースブランドでは、店頭(クリニック)での無料診断などを実施しているところもあるので、やる前か諦めず、まずは相談してみてください。 【デメリット4】装着したまま飲食ができない アライナーは取り外し可能なため、虫歯や歯周病の危険性を下げることがきます。しかしアライナーを装着したまま飲食は基本的にできません。口に入れることができるとすれば、以下のものくらいでしょう。 ・水 ・白湯 ・無糖の炭酸水 またコーヒーなど色のついた飲み物を飲んでしまうと、アライナーに色が写ってしまうこともあります。もちろん固形物を食べることもNGです。 ただ、面白い事に、マウスピース矯正利用者の多くが「間食が減ってダイエットになった」という予想外の嬉しい効果を感じていますので、これを機に間食を減らすのも良いかもしれません。 【デメリット5】自己管理を徹底しなければならない マウスピース矯正は、1日20時間〜22時間程度装着する必要があるという意味で、自己管理を徹底しなければなりません。 アライナーを外していい時間は1日のうち2〜4時間未満、食事中以外は意識して装着しなければなりません。 またアライナーを紛失・破損してしまうと、再度クリニックに行き作り直す必要がある場合があります。(必ずしも毎回作り直しが必要ではなく、状況によっては次のセットに進むなどして対応が可能な場合もあります。ただし、必ず歯科クリニックにご相談の上、指示に従ってください) よくある失敗として、外食先にケース毎マウスピースを忘れてしまったり、ケースではなくティッシュに包んでいたマウスピースを間違ってゴミ箱に捨ててしまうなどがあります。 自己管理ができないと余計に治療期間が長引いたり、理想の歯並びを手に入れるのは困難になります。 【デメリット6】歯を削ることがある 抜歯をせずに歯並びを治す際に、歯と歯の間にあるエナメル質を削って歯を移動させる「IPR」という治療を行うことがあります。 すでに健康な歯を削るということで抵抗感を覚える人も多いと思いますが、削る幅はわずか~0.5mm程度。 これを行うことで健康な歯を抜かずにマウスピース矯正を行うことができます。このメリットがわかっていても歯を削るのに不安を覚えてしまう人は多いかもしれません。 【デメリット7】毎日お手入れが必要 アライナーは毎日、水などで洗浄する必要があります。 口の中にずっと入っているものなのでそのまま装着し続けるのは衛生的によくありません。 毎日お手入れをして再度装着をして…という作業を繰り返さなければなりませんので、はじめは面倒に感じるかもしれません。 しばらく放置してしまうと、虫歯や歯周病の原因になるかもしれませんので、必ずお手入れは欠かさず行いましょう。 マウスピース矯正のデメリット対処法 マウスピース矯正のデメリットは、全てを避けて通ることは難しいです。 特に「1日20時間以上の装着」は、マウスピース矯正をしている人全員が守るべきルールです。ただ、そういったデメリットを対処する方法がいくつかあります。 【対処法1】自己管理アプリを使う アライナーを毎日欠かさず装着できるかどうかは、専用アプリやLINE公式アカウントを上手く活用できるかが非常に重要です。 Zenyum(ゼニュム)では、専用アプリに加え、「スマイルアドバイザー」という専属スタッフが、スムーズに矯正治療が進んでいるかどうが、丁寧にサポートをしてくれます。 もし自己管理に不安がある方は、Zenyumのマウスピース矯正を試してみることをおすすめします。 Zenyumの無料オンライン診断 【対処法2】アライナーケースを使う 取り外したアライナーをそのまま紛失したり、破損してしまうケースが多々あります。 アライナーはかなり高額なもので、無くしてしまうともう一度歯の形を考えて製作する必要があります。 余計に時間や費用がかかってしまうのでアライナ専用のケースを購入し、取り外す際はケースにしまうようにしましょう。 【対処法3】ケアグッズを活用する […]

理想の歯並びとは?前歯や横顔の見た目

Hình ảnh răng đẹp

理想の歯並びや噛み合わせとは、どういった状態のことを言うのでしょうか? 今回は具体的な状態や、理想の歯並びを手に入れる方法について、詳しく紹介いたします。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 理想の歯並び・噛み合わせとは 歯並びが悪い人や見た目が気になる人は、理想の歯並び・噛み合わせを手に入れたいと思います。 ではどういった歯並びの状態が、理想的な歯並び・噛み合わせと言えるのでしょうか? ・理想の歯並びの項目 理想の歯並びについて、東京加悦矯正歯科クリニック(旧三橋矯正デンタルオフィス)のサイトでは、以下のように解説されています。 ①ご本人がアゴ(噛み合わせも含め)の違和感、痛みを感じないこと。②両側奥歯が均等に、しっかり当たって噛めること。③上下の歯を軽くカチカチ噛んだ時に、上前歯4本に下の歯が強く当たっていないこと。④上下の犬歯がしっかりと噛んでいること。⑤下アゴを左右に歯軋りするみたいにズラした時に、犬歯が当たっていること。⑥※特に4、5は噛み合わせのキーポイントで、上下の歯を少し下から見た時に、上から三番目の写真(右)のように噛んでいると、かなりポイントが高いと言えます。⑦5の状態で、奥歯(特に奥から2本、第一大臼歯、第二大臼歯)が当たらないこと。⑧下の犬歯3が上の側切歯2と犬歯3の間に噛み込んでいる。⑨上下の歯の間に大きな隙間がない。 東京加悦矯正歯科クリニック(旧三橋矯正デンタルオフィス) ・正中線 正中線とは上の歯と下の歯の中心のことを言い、その中心が揃っている状態が理想といえます。 正中線がずれていると噛み合わせが悪くなり、見た目に違和感が出たり、顎関節症のリスクも高まります。 ・上の歯の歯並び 噛んだときに上の歯が程よく下の歯に被さっていることが重要といわれ、その目安は2mm〜3mm程度と言われています。 あまり大きく被さっていると、オーバーバイトや上顎前突症(出っ歯)といわれ、見た目が気になってしまったり、食べ物の消化などにも影響が出る可能性があります。 ・下の歯の歯並び 噛んだ時に上の歯が下の歯に当たりすぎていないことも重要です。 上の歯が下の歯と噛み合わさってしまう状態を「下顎前突症(受け口)」といい、いわゆる「しゃくれた状態」になってしまいます。 ・横顔のEライン Eライン(イーライン)とは、顎の先から鼻の先を結んだ線のことを言い、横顔美人の基準とも言われています。 理想的なEラインは、唇がこのライン上にあるか、または少し内側にある状態と言われています。 上の歯や下の歯が極端に前に出てしまうと、このEラインが崩れてしまい、見た目に影響が出ると言われています。 理想の歯並びを手に入れるには 上の歯や下の歯を整えて理想の歯並びを手に入れるには、いくつかの方法があります。 ここでは主な治療方法をいくつか紹介いたします。 【治療方法1】マウスピース矯正 マウスピース矯正は透明のアライナーを自分で交換しながら歯並びを整えていく、今もっとも注目されている歯列矯正です。 治療期間が最短2〜3ヶ月と非常に短く、治療費も他の矯正治療に比べて安いため、気軽に歯並びを整えることができます。 マウスピース矯正の無料診断 【治療方法2】ワイヤー矯正 ワイヤー矯正は金属製の器具を歯の表面に装着し、歯並びを整えていく矯正治療です。 治療中に器具が目立ってしまうというデメリットがありましたが、最近では裏側矯正(リンガル矯正)やホワイトワイヤーといった目立ちにくいワイヤー矯正もできるようになっています。 しかし費用が高く、高い場合は100万〜150万円程度かかってしまうことがあるため、重度の症状の場合に検討するのがいいでしょう。 【治療方法3】セラミック矯正 セラミック矯正はセラミック製の被せ物をして、歯並びを整えていく歯列矯正です。 治療期間が短くまた歯を白く綺麗にすることができるため、ビジネスパーソンを中心に注目されている歯列矯正です。 ただし費用が高いことに加えて、自分自身の歯を削る必要があり、一度削ってしまった歯は元に戻すことができないため、慎重に検討する必要があります。 おすすめの歯列矯正「Zenyum」 Zenyum(ゼニュム)は世界9拠点に展開している、今もっとも注目されているマウスピース矯正の一つです。 ここではZenyumのマウスピース矯正の魅力を紹介します。 【魅力1】高い顧客満足度 Zenyum Japanは65のGoogleレビューが投稿されており、平均4.7の高評価を集めています(2024年3月現在)。 そのレビューを一部を紹介します。 ・メールや電話での対応も親切 安価で歯並びがきれいになったのはよかったです。メールや電話での対応も親切で丁寧でした。 透明で目立ちにくい矯正があるのに、いまだにゴリゴリの矯正器具をつけている人を見ると勿体無いな、と思ってしまいます。 全ての歯並びに対応はできないとは思いますが、目立ちにくい、負担のない矯正が広まればと思います。 磯野たまさん ・安価で理想的な歯並び 一通り治療を終え、これからリテーナーで保定する期間になりました。Zenyumさんで安価で理想的な歯並びを手に入れることができました。 最初はワイヤー矯正にしようか迷い、他の病院にも診察に行きましたが偶然にも幸運にもこちらを見つけました。 治療期間中にはチャットで対応して頂けるため、コミュニケーションがとれて安心でした。ぜひお勧めいたします。 […]

歯が斜めの直し方は?歯列矯正の方法など

隱形牙套清潔方式

歯が斜めに生えていると、見た目だけではなく歯の噛み合わせにも悪影響を及ぼします。 ではそうすれば斜めに生えた歯を綺麗に整えることができるのでしょうか? 今回は歯が斜めに生えている場合の影響、また歯列矯正などの直し方を紹介します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 歯が斜めの症状とは 「歯が斜めに生える」と一言でいっても、色んなパターンがあります。 以下の3つが主な症状です。 【症状1】カント K Braces矯正歯科原宿駅前のサイトでは、カントは以下のように解説されています。 カント(cant)は、上下の歯が接する「咬合平面」が斜めに傾いている状態を指します。 K Braces矯正歯科原宿駅前 カントは口を空けて笑った時に目立ちやすく、また口が歪んで見えることもあります。 【症状2】下の前歯がハの字で生えてくる 歯が斜めに生えてくるパターンとして、下の歯がハの字に生えてくるというパターンもあります。 特に乳歯の時期に多く、自然に治る場合もありますが、永久歯で生えてきた場合は治療が必要のケースもあります。 【症状3】上顎前突症(口ゴボ) 上顎前突症(口ゴボ・出っ歯)は、リッツ美容外科のサイトで以下のように解説されています。 上顎前突症とは、いわゆる”出っ歯”のことであり、上唇部または中顔面の前突感の強いものの総称です。 上下顎前歯切縁の水平的被蓋距離=オーバージェットが正常より大きい不正咬合の総称です。 リッツ美容外科 上顎前突症は上の歯が前に突き出ているため、重度の場合では口を閉じていても見た目が気になるケースもあります。 歯が斜めになる原因 歯が斜めになる原因には色んなケースがあります。 ここでは主なものを3つ紹介します。 【原因1】遺伝・生まれつき 生まれつき歯が斜めに生えてくる場合があります。 これは先天的な要因で、遺伝などが影響しています。 【原因2】骨格 骨格により、歯が斜めに生えてくる場合もあります。 これは上顎、もしくは下顎が小さかったり大きかったりすると、歯が生えるスペースが狭く、斜めに生えてくる場合があります。 【原因3】生活習慣 幼少期に指しゃぶりをしていたり、頬杖をつく癖がある人は、それが原因で歯が斜めになる可能性があります。 また口を開けて呼吸をすることで、歯が斜めに生えてくることもあります。 歯が斜めの場合の影響 歯が斜めに生えると、以下のような様々な悪影響が出てきます。 【影響1】見た目・審美性 歯が斜めに生えてくると、見た目に悪影響が出てきます。 特に口を開けた時に歯並びが目立ちやすいため、笑ったり喋ったりすることに影響が出てしまいます。 【影響2】噛み合わせ 歯が斜めに生えることで、噛み合わせが悪くなります。 それにより顎関節症になったり、食べ物をしっかりと噛むことができず、消化に影響が出る可能性があります。 【影響3】虫歯・歯周病 歯が斜めに生えることで、口を閉じにくくなり、口呼吸になってしまう可能性があります。 そのため口の中が乾燥するため、食べかすや歯垢による最近が増殖しやすくなり、虫歯・歯周病のリスクが高くなります。 歯が斜めの直し方 斜めに生えた歯を直すにはいくつかの治療方法があります。 ここでは主なものをいくつか紹介します。 【直し方1】マウスピース矯正 最も気軽に直す方法はマウスピース矯正です。 マウスピース矯正は透明のアライナーを自分で交換しながら、乱れた歯並びを直していきます。 また低予算・短期間で治療できることも、マウスピース矯正の魅力です。 マウスピース矯正について詳しく知りたい方は「マウスピース矯正とは?値段やメリット・デメリットなど」の記事をご覧ください。 […]

矯正をしている芸能人は?白いワイヤーやマウスピースなど

Zenyum隱形牙套

芸能人にとって歯並びが悪いことで印象が変わってしまうため、歯列矯正をしている人が数多くいます。 特に最近では白いワイヤー矯正(ホワイトワイヤー矯正)や透明のマウスピース矯正を使って歯並びを整える芸能人が増えています。 今回は矯正をしていることを公表している芸能人を紹介します。 マウスピース矯正の無料診断 様々な歯列矯正の種類 「歯列矯正」「歯科矯正」と一口で言ってもいろんな種類の矯正治療が存在します。 主な歯列矯正の種類は以下の通りです。 【種類1】ワイヤー矯正 ワイヤー矯正は歯の表面にワイヤーを装着し、歯並びを整えていく矯正治療です。 ワイヤー矯正では、以下のようなものも存在します。 ・舌側矯正(リンガル矯正) 舌側矯正(リンガル矯正)は歯の裏側にワイヤーを装着し、器具を目立ちにくくするワイヤー矯正です。 ・ホワイトワイヤー矯正 ホワイトワイヤー矯正は、目立ちにくい白のワイヤー器具を装着して、歯並びを整えるワイヤー矯正です。 【種類2】セラミック矯正 セラミック矯正とは自分の歯を削り、その上からセラミック製の被せ物を使って歯並びを整えていく治療方法です。 高い費用はかかりますが、短期間歯並びが整い、また歯を白くすることができるため人気の治療法です。 【種類3】マウスピース矯正 マウスピース矯正は、透明のアライナーを装着して歯並びを整えていく歯列矯正です。 目立たず短期間・低予算で治療できるため、今世代を問わず注目をされている歯列矯正です。 マウスピース矯正の無料診断 歯列矯正を公表している芸能人 ここからは歯列矯正をしていることを公表している芸能人について紹介します。 【芸能人1】かまいたち 濱家さん Youtube「かまいたちチャンネル」によると、濱家さんは過蓋咬合(ディープバイト)の治療のため、歯列矯正を始めたようです。 治療方法はワイヤー矯正で治療期間は3年、また費用は100万円程度と動画の中で紹介されていました。 【芸能人2】指原 莉乃さん 2年半くらい裏側でやっていた歯の矯正の装置を外しました!✨ テレビをみていて私の喋り方に違和感を感じる人が多かったと思うんですけど…やっとスラスラ喋れます☺️(慣れるのにまた時間がかかりそうだけど…) 歯を出して笑うのが苦手だったので…先生方に本当に感謝です✨ やった〜☺️ pic.twitter.com/VmWWANNpt5 — 指原 莉乃 (@345__chan) November 27, 2018 指原 莉乃さんのX(Twitter)によると、2年半の裏側矯正をしていたことを投稿しています。 歯並びが整ったことで、笑顔になりやすくなったことを投稿しています。 裏側矯正(リンガル矯正)とは 【芸能人3】さらば青春の光 森田さん さらば青春の光の森田さんも、「さらば森田の五反田ガレージ」というチャンネルの中で、下の歯だけを矯正したことを公表しています。 ビフォーアフターの写真を見ると、治療前と治療後の差が歴然です。 【芸能人4】藤田ニコル(にこるん)さん ワイズデンタルキュアさんでホワイトニングしてきた🤓何年前になるか忘れたけど私前歯6本セラミックなのね💁‍♀️変えた当時は元の歯並びが前歯出てて八重歯がある感じだったから面影残すために前歯大きめで直したの、でも顔も大人になったので新しい歯並びにアプデしようかと考え中🍊先の事だけど楽しみ💛 pic.twitter.com/U9x0ujqKgJ — 藤田 ニコル(にこるん)🌙 […]

マウスピース矯正とホワイトニングは同時にできる?やり方も解説

如何讓牙縫變小

歯を綺麗に見せるために、マウスピース矯正とホワイトニングを両方やりたい人は多くいるでしょう。 しかしマウスピース矯正とホワイトニングは同時にやることができるのでしょうか? 今回はそのやり方についても解説します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 ホワイトニングとその種類 ホワイトニングとは、歯磨きでは落ちない汚れや黄ばみを取り除き、歯を白く綺麗にすることです。 そのホワイトニングには、大きく3つの方法が存在します。 【方法1】オフィスホワイトニング オフィスホワイトニングは、歯科クリニックで歯科医師などによって施術をする方法です。 費用はある程度かかりますが、プロの手によってホワイトニングができるため、短い期間でしっかりと歯を白く綺麗にすることができます。 【方法2】ホームホワイトニング ホームホワイトニングとは、ホワイトニングジェルなどを使い、自分で自宅でホワイトニングをする方法です。 費用も抑えられ、自分のペースですることができるため、今人気のホワイトニング方法です。 【方法3】デュアルホワイトニング デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して進める方法です。 各ホワイトニング単体で進めるよりも、短期間で理想の白さを実現できます。 マウスピース矯正とホワイトニングは同時にできる? そもそもマウスピース矯正とホワイトニングは同時にすることができるのでしょうか? ノア歯科クリニック 表参道によると以下のように紹介されています。 マウスピース矯正は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングともに基本的にどのタイミングでも施術が可能です。 ノア歯科クリニック 表参道 マウスピース矯正とホワイトニングは同時に行うことができ、もちろん矯正治療の前後に行うことも可能です。 マウスピース矯正の無料診断 ・ホワイトニングを同時に行うメリット マウスピース矯正とホワイトニングを同時に進めるメリットは、短期間で歯の審美性を高めることができることです。 最近ではホワイトニングジェルを使って、ホームホワイトニングをするケースが増えてきました。 安全なジェルを使えば、歯並びを整えながら歯の表面を白く美しくすることができます。 ・ホワイトニングを同時に行うデメリット 一方でマウスピース矯正とホワイトニングを同時に行うデメリットとしては、仕上がりにばらつきが出る可能性があることです。 歯の重なりやガタつきが大きいと、薬剤が奥まで歯の細部まで行き届かず、白くならない部分が出てくる可能性があります。 自分の歯並びの状態を見ながら、ホワイトニングを始めるタイミングを慎重に考える必要があります。 【注意】ワイヤー矯正の場合 ワイヤー矯正の場合は、ホワイトニングができるかどうかは条件があります。 その理由について、中葛西歯科のホームページでは以下のように解説されています。 ワイヤー矯正中のホワイトニングは、具体的な状況によって可否が異なります。 ワイヤー矯正中でホワイトニングをできないケースがあるのは、ワイヤーやブラケットによってホワイトニングの薬剤による効果が不均一になる可能性があるためです。 歯の表面に装着するワイヤー矯正の場合は、原則ホワイトニングはできません。 しかし歯の裏側にワイヤーを装着する舌側矯正(リンガル矯正)の場合は、歯科医師の相談の元でホワイトニングができるケースがあります。 矯正とホワイトニングのまとめ 今回はマウスピース矯正とホワイトニングは同時にできるのかについて、詳しく解説をしました。 結論、マウスピース矯正はアライナーを取り外せるため同時にホワイトニングができます。 また薬剤を使うことでホームホワイトニングがしやすく、短期間で歯を美しくできるメリットがあると言えるでしょう。 一方で重度の歯のガタつきや重なりがある場合は薬剤が行き届かない可能性があるため、始めるタイミングを検討する必要があります。 透明マウスピース矯正のZenyumでは無料オンライン診断を実施しており、矯正やホワイトニングに関してお気軽に相談ができます。 気になる方は以下のフォームよりお気軽にお申し込みください。 Zenyumの無料オンライン診断 関連記事:「ゼニュムとインビザラインの矯正比較!費用・値段や治療期間等」

歯列矯正・マウスピース矯正の歯科クリニックの選び方

赤坂さくら歯科クリニック 土黒さくら先生1

歯列矯正・マウスピース矯正をする際に、どこの歯科クリニックにお願いしようか悩むケースが多くあります。 どういった基準で歯科矯正のクリニックを選べばいいのでしょうか。 今回はおすすめの歯列矯正クリニックの選び方について、赤坂さくら歯科クリニックの土黒さくら先生に詳しく聞いてみました。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 良い歯列矯正クリニックの基準とは 一口に「歯科矯正専門クリニック」と言っても、世の中には沢山のクリニックが存在します。 その中でも良い歯科矯正のクリニックには、いくつかの基準や特徴があります。 【良い基準1】様々な歯列矯正の治療法ができる 「ワイヤー矯正だけ」であったり「マウスピース矯正だけ」ではなく、あらゆる歯列矯正の治療ができる歯科クリニックがおすすめです。 幅広い歯列矯正の治療方法があることで、あらゆる患者の歯並びに関するお悩みに応えることができるからです。 そのため各歯列矯正の治療法に熟知している「認定医」が在籍しているクリニックを選ぶことが、失敗しない矯正治療に繋がります。 【良い基準2】運営母体がしっかりしている これについては外からの情報だけでは判断が難しいところですが、運営がしっかりしている歯科クリニックを選ぶ必要があります。 昨今、矯正治療をお願いしていた歯科クリニックが急遽倒産する事例がよくニュースなどでも話題になっています。 認定医が在籍しており、責任を持って矯正治療が終わるまで診てくれる歯科クリニックを選ぶことが極めて重要です。 【良い基準3】信頼できる身近な人が勧めている 身近な人の口コミも非常に大事です。 実際に歯列矯正をして歯並びが綺麗に治った人や、満足のいく結果になった人に紹介してもらうこともおすすめです。 インターネット上の口コミや評判も参考にはなりますが、それよりも信頼できる人からの情報はより重要です。 避けた方がいい歯科矯正クリニック 一方で「なるべく避けた方がいい歯科矯正クリニック」も存在します。 判断しにくい部分もありますが、参考になりそうな基準についていくつかお話しします。 【悪い基準1】担当の歯科医師が頻繁に変わる これは実際に治療をしてみないと分からない場合が多いですが、担当医がころころ変わる歯科クリニックはおすすめできません。 歯列矯正の治療期間は長くて2年程度はかかりますが、同じ担当の歯科医師に最後まで診てもらうことが理想です。 中途半端な状態で矯正治療が中断してしまい、私たちのクリニックに移ってくる患者も多くいます。 【悪い基準2】治療費・値段が安すぎる 治療費があまりに安すぎる歯科クリニックも要注意です。 顧客から信頼されているクリニックは適正な治療費で、お客様が満足いくまで責任を持って治療します。 患者の集客に困っているため、とにかく治療費を安く謳って患者を集めているクリニックには注意が必要です。 【悪い基準3】症例数ばかりを売りにしている 症例数が多いことは決して悪いことではありません。 しかし必ずしも、その症例の治療をした歯科医師の先生が自分の担当についてくれるとは限りません。 歯科医院の院長や、またどういった歯科医師が治療をしてくれるのか、情報を公開しているクリニックを選ぶことが大切です。 歯列矯正クリニック選びの失敗によるトラブル 歯列矯正のクリニック選びを間違えてしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。 いくつか代表的なものについてお話しします。 【トラブル1】思っていた仕上がりと違う 無理な治療計画を作成したり、治療計画を誤ってしまうと、歯がイメージ通りに動かないケースがあります。 場合によっては口元が引っ込んで見えてしまったりと、見た目にも悪影響が出てしまいます。 責任ある専門の歯科医師が、治療計画を作ってくれるかどうかが重要なポイントです。 【トラブル2】追加の治療費がかかってしまう 無理な治療計画や誤った治療計画を作ってしまうと、治療費用や治療期間が余分にかかる場合があります。 はじめは安い治療費で治療が終わると思っていても、追加治療が必要になってしまうことで、最終的な費用が増えてしまいます。 やはり自分に合った適切な治療計画を作成してくれる歯科医師に、診察をお願いすることが重要になってきます。 【トラブル3】歯科クリニックが倒産する 先ほどもお話しましたが、歯科クリニックが倒産して、患者様が路頭に迷うケースが相次いでいます。 通院していたクリニックが倒産してしまうと、別のクリニックでの引き継ぎが上手くいかなかったり余分な費用が発生する場合があります。 ですので健全に運営をされているクリニックか、しっかりとホームページで院長が顔や名前を出しているかなど確かめることが重要です。 【トラブル4】矯正治療が終わらない いつまで経っても矯正治療が終わらずに、費用だけが膨らんでしまうケースもあります。 先ほどお話したことと同様ですが、当初想定していた費用よりも支払う金額が増えてしまい、トラブルに発展する可能性があります。 歯並びが綺麗に整っても、リテーナーの使い方やその後の経過など、丁寧に説明をしてくれる歯科医師を選ぶようにしましょう。 また予期せぬトラブルで歯列矯正の治療に支障が発生しても、リカバリーできる認定医がいるかが重要なポイントとなります。 […]

ルーチェのマウスピース矯正歯科とは?アクセスや口コミも

Khay niềng trong suốt Zenyum

最近よく広告で見かける「ルーチェ」のマウスピース矯正。 歯列矯正を検討している方であれば一度は見かけたことがあるかもしれません。 今回はルーチェのマウスピース矯正について、またアクセスや口コミについてもご紹介します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 ルーチェのマウスピース矯正とは ルーチェのマウスピース矯正とは、表参道の歯科クリニック「ルーチェ」が提供しているマウスピース矯正です。 ルーチェの特徴は以下の通りです。 【特徴1】海外ブランドのみを取り扱い ルーチェのマウスピース矯正はコレクトラインなど海外のブランドのみを取り扱っており、日本のブランドは取り扱っておりません。 有名な海外ブランドのマウスピース矯正については「ゼニュムとインビザラインの矯正比較!費用・値段や治療期間等」の記事をご覧ください。 【特徴2】豊富な症例 ルーチェでは年間1,000件以上、また延べ4,000件以上の症例があり、豊富な実績があります。 【特徴3】アクセスの良さ ルーチェは東京の表参道駅から徒歩3分の好アクセスで、都内の方であれば通院しやすい場所にあります。 ルーチェの住所は以下の通りです。 住所:東京都港区南青山5丁目5番4号 ルーチェ南青山 A棟B1F ルーチェのマウスピース矯正の費用 ルーチェのマウスピース矯正の料金・費用については、ホームページで以下のように記載されています。 軽度の症例については33万円程度、中重度の症例についてはそれ以上の費用がかかる場合があります。 患者様の歯並びはご希望により各コースをご案内しております。 また他院によっては費用がかかる 「毎月の調整費用」 「保定管理料」 「初診費用」 「3Dシミュレーション作成」 こちら全ては無料にてご提供しております。 ルーチェ 無料診断については、Zenyumなどのブランドでも、オンライン無料診断を受け付けています。 Zenyumの無料オンライン診断 ルーチェの通院回数 ルーチェの通院回数は、1〜2ヶ月に一回程度と言われています。 またZenyumやOh my teethなどのブランドでは、最少1〜2回のみの通院で矯正治療が完了するものもあります。 ルーチェに関する口コミ・評判 ここからはX(旧Twitter)に投稿された、ルーチェに関する口コミ・評判について紹介します。 Xでは「あーす新宿歯科」「あーすマウスピース矯正Lab」に関する話題が多いようです。 【口コミ・評判1】ルーチェでマウスピース矯正してる 今ルーチェでマウスピース矯正してるんだけど見たくないもの見ちゃった…無事完成するまで何事もなければいいけど。不安。 — ぷしゅ【取引用】 (@t_ruk123) October 10, 2023 【口コミ・評判2】ルーチェに連絡 そうなんですよ、、、ルーチェで引き継いで欲しい本当にと思いますが、明日ローン会社とルーチェに連絡してみたいと思います💦矯正さんはどうされますか?💦💦 — あー@ナース (@yukaaaaa0930) October 4, […]

マウスピース矯正は虫歯になりやすい?原因と対処法

マウスピースを装着すると虫歯になりやすいと、Yahoo!知恵袋などでも話題になります。 ナイトガードなどの通常のマウスピースだけでなく、マウスピース矯正も例外ではありません。 今回はなぜマウスピース矯正をすると虫歯になりやすいのか、その原因と対処法を紹介します。 マウスピース矯正の無料診断 この記事の内容 マウスピース矯正は虫歯になりやすい? マウスピース矯正をすると、なぜ虫歯になりやすいのでしょうか? ここでは主な原因をいくつか紹介します。 【原因1】唾液の制限 ピュアリオ歯科・矯正歯科の公式ホームページには、マウスピース矯正による唾液の制限について、以下のように解説されています。 マウスピース矯正中は、口腔環境が変化しやすくなります。 マウスピースの装着によって唾液の流れが制限され、口腔内の乾燥やバクテリアの増殖が起こる場合があります。 これにより、酸の生成が増え、虫歯のリスクが高まることがあります。 ピュアリオ歯科・矯正歯科 アライナーの装着によって唾液の流れが悪くなります。 そのため虫歯の原因となるバクテリアが増え、虫歯になるリスクが高まってしまいます。 【原因2】歯磨きがしにくい マウスピース矯正は、1日20時間〜22時間もの間アライナーを装着する必要があります。 そのため歯磨きなどのオーラルケアがしにくく、虫歯になりやすい原因となります。 【原因3】アライナーの洗浄不足 食べ物や飲み物を摂取した後にそのままアライナーを装着すると、徐々にアライナーに汚れや細菌が溜まってしまいます。 いくら歯をブラッシングしていても、汚れたアライナーを装着してしまうことで、虫歯になりやすくなってしまいます。 マウスピースによる虫歯の対処法 マウスピース矯正をすることで虫歯になりやすい傾向がありますが、しっかりと対策をすることで予防することができます。 ここでは虫歯にならないように予防する方法を紹介します。 【対策1】オーラルケア マウスピース矯正をしていても、歯のケアをしっかりすることで、虫歯を予防することができます。 主な方法としては以下のものがあります。 ・歯ブラシ、電動歯ブラシ・マウスウォッシュ・舌ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシ 詳しくは「オーラルケア・口内ケアの種類と方法(やり方)を紹介!」の記事に紹介しておりますので、ぜひご覧ください。 【対策2】オフィスケア 歯科クリニックに通院して口内環境を清潔にする「オフィスケア」も重要です。 オフィスケアでは自分では除去できない汚れや歯石を、歯科クリニックで除去することができます。 【対策3】食べ物や飲み物の制限 マウスピース矯正の治療期間中に、食べ物や飲み物を変えるだけでも虫歯リスクを抑えることができます。 特に「甘いもの」や「炭酸系のもの」は注意する必要があり、歯の表面を脱灰させたりエナメル質を溶かす原因になります。 またマウスピース矯正の装着中でも食べられるものは「マウスピース矯正のアライナーを着けたまま食べれらるものは?」の記事に紹介しておりますので、ぜひご覧ください。 もし矯正治療中に虫歯になったら? もし歯列矯正の治療期間中に虫歯になったら、虫歯の進行度合いによって対処法が変わります。 もりかわ歯科のホームページでは、以下のように詳しく解説されています。 マウスピース矯正中に虫歯ができてしまった場合、虫歯の進行度によって対応が変わります。 例えば、虫歯が初期段階で、治療によって歯の形が大きく変わることがない場合は、虫歯の治療中のみマウスピースを外し、治療が終了したら再度装着することで矯正に影響することなく虫歯治療を行うことができます。 しかし、虫歯が進行してしまっている(抜歯が必要など)場合は、マウスピース矯正を一度中断して虫歯治療を優先することがあります。 もりかわ歯科 歯並びに影響がない初期の虫歯の治療の場合は、マウスピース矯正と並行して治療を進めるケースが多いです。 しかし抜歯を伴いような重度の治療の場合は、一旦矯正治療を中断する必要とする場合があります。 マウスピース矯正はまず無料相談を 今回はYahoo!知恵袋などでも話題になっている、マウスピース矯正と虫歯との関係について、詳しく紹介しました。 虫歯に対する不安や、今虫歯を抱えていることで、マウスピース矯正を躊躇している人も多いかもしれません。 しかし事前に専門の歯科医師に相談をすることで、虫歯になるリスクをしっかりと予防することができます。 透明マウスピース矯正のZenyum(ゼニュム)では、マウスピース矯正を希望する方に無料オンライン診断を実施しています。 以下のフォームから申し込みができますので、興味のある方はお気軽にお申し込みください。 Zenyumの無料オンライン診断

マウスピース矯正のアライナーの洗浄方法

マウスピース矯正のアライナー洗浄方法

マウスピース矯正のアライナーを毎日長時間装着していると、どうしても汚れが溜まってきてしまいます。 今回はアライナーを洗浄する方法を詳しく紹介します。 アライナー矯正の無料オンライン診断 この記事の内容 マウスピース矯正のアライナーを清潔に保つことは、歯並びを整えていく上での重要なステップです。 アライナーは1日20~22時間装着する必要があるため、清潔に保つことはとても重要です。 例えばアライナーの洗浄を怠ってしまうと、アライナーが変色し、歯が黄色く見えてしまいます。 さらにバクテリアの蓄積を引き起こし、口臭の原因にもなってしまいます。 ここでは、アライナーを洗浄する際の注意点をご紹介します。 アライナーを洗浄する方法 透明のマウスピース矯正を使っていれば、必ず汚れが付着してしまいます。 食後にアライナーを装着する前に口をゆすがないと、食べ物のかけらがアライナーの内側に詰まってしまうこともあります。 ではアライナーはどのくらいの頻度で洗浄をすればいいのでしょうか? アライナー(と歯)を清潔に保つには、1日2回洗えば十分です。 アライナーを何時間も浸したり、ひたすらブラッシングする必要はないのでご安心ください。 以下の簡単なコツを守るだけです。 ・アライナー洗浄のコツ 食事の前にアライナーケースに入れる前に、アライナーをさっとすすいできれいにしてください。 食後はアライナーを清潔に保つため、歯を磨いたり、口をゆすいだりしてからアライナーを装着してください。 一日の終わり、できれば寝る前に、アライナーをよりきれいにしましょう。 アライナーのお手入れ方法はこちらです。 ・アライナー洗浄のためにやるべき手順 ①コップにぬるま湯か水を入れます。②アライナー洗浄用タブレットを1錠入れます。③アライナーを溶液に入れ、3分間浸します。④溶液の色が青く変わったらアライナーを取り出しさっとすすぎます マウスピース矯正の無料診断 ・マウスピース洗浄の注意点 矯正の治療プランにもよりますが、アライナーは次のセットに切り替えるまで約1~2週間使用できるように作られています。 しかしアライナーの取り扱いに気をつけないと、ゆがんだり割れたりして、スマイル・ジャーニーが少し遅れてしまうかもしれません。ここでは、アライナーのクリーニングに関する主な注意点をご紹介します。 ※禁止事項 #アライナーの洗浄にお湯を使わないようにしましょう。 熱湯はアライナーを殺菌するのに適していると思われるかもしれませんが、熱によってプラスチックが歪みアライナーがダメになってしまう可能性があります。 その場合新しいアライナーが必要になり、治療期間が長引く可能性があります。 #アライナーへの刺激の強い洗浄剤の使用 アライナーは大切に扱うようにしましょう。 歯磨き粉や重曹のような一般的な洗浄剤を使用すると、アライナーにダメージを与える可能性があります。 一番良い方法としてアライナーを清潔に保つには、アライナー洗浄のタブレットが効果的です。 #アライナーを電子レンジで温める 珍しいケースですが、アライナーを電子レンジで熱することは、アライナーを滅菌する良い方法だと考えている人もいます。 アライナーの洗浄にお湯を使わないのと同じ理由で、電子レンジの熱はアライナーを歪ませてしまいます! マウスピース矯正のアライナー洗浄に関するまとめ これらの便利なヒントを身につけて、今日からZenyumでのマウスピース矯正を始めてみましょう! Zenyumの透明マウスピース矯正については、Zenyum公式ページをチェックしてみてください。 Zenyumの公式ページはこちら

【社内インタビュー】上田 和真のZenyum体験レビュー

Zenyum 上田和真

今回はZenyum Japanの社内メンバーである上田 和真のインタビューです。 Zenyumに関わるようになったきっかけ、実際にZenyumのマウスピース矯正を体験した感想などを紹介します! Zenyumの無料オンライン診断 この記事の内容 Zenyum Japanとの出会い 以前から海外の企業と仕事がすることが多く、そんな中でZenyumと出会いました。 美容系の商材は不安を煽ったり、ネガティブな訴求をするイメージがあります。 しかしZenyumにはそのようなネガティブなイメージはなく、明るくポジティブな印象を持ったので、メンバーとして盛り上げたいと思いました。 Zenyumのマウスピース矯正を体験 元々美容に対する関心が深く、脱毛やダーマペン、またホワイトニングもしていたので、マウスピース矯正にも以前から関心がありました! またZenyumのメンバーとして働く上で、まずは自分自身でZenyumのマウスピース矯正を体験してみようと思いました。 歯並びは良い方でしたが、下の歯が少し気になっていたので、下の歯を重点的に治したいと思いました。 ・Zenyumのマウスピース矯正のメリット Zenyumで一番メリットだと感じる部分は「料金が一律」というところです。 治療費がいくらかかるか分からなかったり、あとから追加で請求をされたりすると、不安や不信感が出てしまいます。 また部分矯正ができるため、コストを安く抑えることができますし、私の場合は通院回数が3回と、通院回数も少なくて済みます。 サービス設計が全体的にクリーンなところが、Zenyumの大きな魅力だと思います。 ・マウスピース矯正を始めて感じたこと 始めたばかりの頃は違和感があり、少し痛みもありました。 ただ痛くてご飯が食べれないなど、そのようなトラブルはありませんでした。 またZenyumはカスタマーサポートが充実しているので、いつでも相談ができる安心感がありました! ・Zenyumをやって感じた変化 周囲から「歯並びがいいね!」と言われるようになりました! 私の場合はホワイトニングをしたり、歯科クリニックに定期検診に通ったりしているので、歯についてはよく褒められるようになりました。 せっかくここまで歯が綺麗になったんだから、口内環境を維持したいという気持ちが強くなり、口内ケアの意識が強くなりました。 こんな人にZenyumを勧めたい! Zenyumのおすすめのポイントは ①とにかくコスパが良い②治療できる範囲が広い③アライナーの枚数が多い という点です。 またZenyumには専用アプリがあり、それを使って歯並びの状態を管理できたり、細かいサポートを受けることができます! 不安や悩みが出てきた時に歯科医師に直接相談をするのは大変ですが、カスタマーサポートが間に入ってくれているので安心です。 ・こんな人はマウスピース矯正は難しい? マウスピース矯正で一番怖いのは「途中で辞めてしまうこと」です。 マウスピース矯正は自分でアライナーを装着しなければならないので、ついついサボりそうになってしまいます。 またしっかりと歯磨きをする習慣がないと、虫歯になりやすくもなります。 ですので途中で辞めず、しっかりと歯磨きをする習慣がないと、マウスピース矯正で歯並びを整えるのは難しいかもしれません。 マウスピース矯正を検討している方へ 自分がマウスピース矯正を始めてから、他の人の歯並びが気になるようになりました。 「この人、歯並びを整えたり、ホワイトニングをしたらもっと魅力的になるのに…」と思うこともあります。 歯並びはその人の印象を決める重要な要素であり、歯並びを整えることで清潔感を与えることができます。 自分の印象を変えたい、もっと自分に自信を持ちたいという方は、ぜひZenyumのマウスピース矯正をおすすめしたいと思います! Zenyumの無料オンライン診断 上田和真のプロフィール 米国University of Washington出身。 帰国後に北米発テンポラリータトゥーブランド「inkbox」の日本法人設立やフランス発グローバルコスメブラン「L’Occitane」に従事。 現在はZenyum Japanのデジタルマーケティングを担当。 上田和真のLinkedInはこちら

ゼニュムとインビザラインの矯正比較!費用・値段や治療期間等

Zenyum invisible braces - alternative to invisalign

Zenyum(ゼニュム)とは、そしてインビザラインとはどんなマウスピース矯正か、費用や値段、また治療期間などの違いと比較について詳しく紹介します。 Zenyumの無料オンライン診断 この記事の内容 もしあなたが歯の矯正をして「もっとステキな笑顔になりたい」と感じていれば、透明のマウスピース矯正について興味があるかもしれません。 その中でもよく耳にするのは「インビザライン(invisalign)」や「ゼニュム(Zenyum)」だと思います。 その他にも多数のマウスピース矯正の会社があり、中には「歯科医師の診察なしに手軽に矯正ができます」と説明しているブランドもあります。 そして自分にとってどのマウスピース矯正が良いのか、悩んでしまいます。 この記事では、ゼニュム(Zenyum)のメリットやサービスの詳細、人気ブランドであるインビザラインとの違いを紹介しています。 透明のマウスピース矯正とは 透明のマウスピース矯正は、歯並びの矯正のために使われるプラスチック製の製品です。 従来の金属製のワイヤー矯正とは異なり取り外しが可能で、一定の圧力を歯にかけていくことで、ゆっくりと歯を移動・整列させます。 透明のマウスピース矯正は最新技術のように思われるかもしれませんが、実際には第二次世界大戦終結後から歯科医師がプラスチックを使用して歯を移動させる方法が存在していました。 ただ当時は技術的な制約があったため、歯の型を取るには毎回歯科医院に通院する必要がありました。 現在では3Dスキャン技術や特別なソフトウェアの登場により、歯科医師が正確に型取りを行い、シミュレーション作成や治療計画を立て、矯正が終わるまでのマウスピース一式を一気に作成することが可能になっています。 ゼニュム(Zenyum)とは ゼニュム(Zenyum)は、アジアにおいて透明のマウスピース矯正を広げ、多くの方に自然な笑顔を届けることを目的として設立された、スマイルコスメティックスのスタートアップ企業です。 ゼニュムは3Dスキャン、CADソフトウェア、3Dプリンタを駆使して、透明のマウスピース矯正を活用した矯正サービスを展開しています。 価格面では、従来の矯正と比較して70%以上も安く提供していますが、品質には一切の妥協を許していません。 ・Zenyumの4つのポイント 特にこだわっているのは、以下の4つのポイントです。 ①費用対効果の高さ②マウスピースの製作拠点を一カ所に集中することによる低コスト化③最新デジタル技術を活用したプロセスの効率化④コスト削減効果をお客さまに還元し、より笑顔になっていただくこと 通常の矯正サービスは10回以上の通院が必要ですが、ゼニュムは3〜4回に抑えることを実現しました。 これは、私たちのデジタル技術を活用することで実現しています。 また専用アプリを使って定期的に歯の写真を送ることで、歯科専門家が歯の動きを確認し、安全性とスムーズな治療を担保しています。 これにより、クリニック通院の手間を削減しているのです。 Zenyumの無料オンライン診断 ゼニュムとインビザライン(invisalign)の比較 ゼニュムは透明マウスピースを活用した矯正体験を発展させ、急速にアジア最大の消費者ブランドの1つに成長しました。 今では世界9拠点でサービスを提供しています(詳細はこちらをご覧ください)。 インビザラインの製造元であるAlign Technology, Incは、矯正用透明マウスピースを製造する最初で最大の企業の一つです。 発想はシンプルで、個別の治療計画に合わせてカスタムメイドの矯正用透明マウスピースを作成するために、3DビジュアライゼーションとCAD(コンピュータ支援設計)ソフトウェアを使用する、といった発想をベースに拡大していきました。 以下の表では、ゼニュムとインビザラインを比較しています。   ゼニュム インビザライン(invisalign) 価格 324,500円-660,000円(症例により変動)* 396,000円~1,150,000円# 歯科医師による処置/観察 ✓ ✓ 向いている人 ゼニュムクリア (ZenyumClear): 過去にすでに矯正経験がある方など、比較的シンプルな症例 ゼニュムクリアプラス (ZenyumClear Plus):重度の歯のがたつきや抜歯が必要となる難しい症例 過去に矯正経験がある比較的シンプルな症例から、難易度の高い症例まで柔軟に対応 歯科医院への通院 約3-4回の通院 提供している歯科クリニックにより異なる 治療期間 […]

Search

免責事項

このデバイスまたはソフトウェアは、いかなる医療目的(いかなる病状または疾患の検出、診断、監視、管理または治療など)にも使用されることを意図していません。 このデバイスまたはソフトウェアによって提供される健康関連の情報は、医療アドバイスとして扱われるべきではありません。必要な医療アドバイスについては、医師にご相談ください。

検索する

Subscribe

to our newsletter

Receive weekly product promos, information and oral care tips!