40代からマウスピース矯正はできる?歯列矯正で後悔した人の特徴・失敗しないポイント

30 5月 2024

歯列矯正は、早期に行うほうが歯の動きが早くなります。しかし、40代からの矯正治療は、手遅れではありません。実際に、マウスピース矯正をする40代の方は増えています。

本記事では、40代からマウスピース矯正を考えている方のために、メリットやデメリットを解説します。自信と笑顔を取り戻すためにも、ぜひ検討してみましょう。

 

大人がマウスピース矯正を行うと健康面も改善される

40代からのマウスピース矯正は、審美面だけでなく健康面の改善にも大きな効果が期待できます。歯並びが整うことで、食べ物をしっかりと噛めるようになり、消化吸収が良くなります。

 

また、歯並びが揃うことで、歯と歯の隙間から空気が漏れることがなくなるため、滑舌が良くなり自信につながります。これまで歯並びが気になり、大きな口を開けて笑えなかった方でも、自信を持って笑顔を作れるでしょう。

 

40代のマウスピース矯正がおすすめな5つの理由

「もう年齢も年齢だから」といって、歯の矯正を諦めている方は多いのではないでしょうか。しかし、歯の矯正をすることで、多くのメリットが生まれます。マウスピース矯正ならではの利点もあるので、ぜひ参考にしてください。

メリット①長年のコンプレックスが解消

40代から行うマウスピース矯正は、長年抱えていた歯並びのコンプレックスを解消できる大きな利点があります。これまで気になっていた歯の見た目が改善されることで、口元を手で隠さずに笑うことができます。

対人関係において明るく前向きなイメージを与えられるようになり、コミュニケーションの改善にもつながるでしょう。

メリット②口腔環境が改善される

歯列矯正を行うことで、これまで隙間にたまりやすかった食べカスが少なくなります。歯並びが整うことで、ブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスク低下にもつながるでしょう。定期的な歯科医院でのメンテナンスも重要ですが、歯並びがガタガタのままでは、隅々まで磨きにくく汚れが蓄積してしまいます。

健康な口腔環境の維持は、マウスピース矯正と虫歯予防が大切です。40代からの矯正治療では、見た目の改善だけでなく、長期的な口腔内の健康維持にもつながるでしょう。

メリット③小顔効果が期待できる

マウスピース矯正は、歯並びの改善とともに顎の位置を正常にすることで、顔の輪郭が引き締まり小顔効果が期待できるとされています。

また、噛み合わせが悪かったり、出っ歯だったりすると、口がきちんと閉まりません。そうすると、口周りの表情筋が衰えるため、顔のたるみが進んでしまいます。矯正治療によって歯並びが整えば、口をしっかり閉められるため、口輪筋もキュッと引き締めやすくなるでしょう。歯並びや骨格の問題もあるため、劇的に顔が変わることはありませんが、緩やかな変化を感じることがあります。

メリット④他の治療法より通院頻度が少ない

マウスピース矯正は、他の矯正治療法と比べて通院頻度が大幅に少ないのが大きなメリットです。ワイヤー矯正では、1ヶ月に1回の通院が必要とされることが多いのに対し、マウスピース矯正の通院頻度は、2〜3ヶ月に1回程度だとされています。

理由は、マウスピースを自宅で装着し、徐々に歯の位置を改善できるためです。このようにマウスピース矯正は、患者の負担を大幅に軽減できるのが特徴で、忙しい現代人にとって非常に魅力的な治療法といえるでしょう。

メリット⑤装置が目立ちにくい

金属製のワイヤーを使った矯正治療では、一目で矯正していることが分かり、日常生活に支障をきたすことがありました。しかし、マウスピース矯正では、透明なマウスピースを使用するため、装着していても周りから気づかれにくい点が大きなメリットです。

また、マウスピースは歯茎まで薄く設計されているため、装着時の喋りにくさや違和感が少ないのも特徴です。ワイヤー矯正と比べると、見た目の変化や煩わしさが少ないため、患者のストレスも大幅に軽減されます。

 

40代から歯列矯正する際に注意したいこと4つ

40代から歯列矯正する際には、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。ここでは、注意しておきたいポイントを4つまとめました。

デメリット①歯周病のリスクが高まる

歯列矯正すると歯周病になりやすいと言われている原因は、矯正装置によって歯面の一部が隠れてしまい、歯ブラシが届きにくくなるためです。その結果、プラーク(歯垢)の蓄積が進み、歯周病菌が繁殖しやすい環境になります。

特に、40代以降の方は、元々歯周病になりやすい年齢層です。加齢に伴い、歯周組織の抵抗力が低下するため、矯正治療中の口腔内環境が悪化する可能性があります。

ただしマウスピース矯正は、ワイヤー矯正と異なりマウスピースを取り外せるため、食事の後に歯を隅々まで丁寧に磨くことで歯周病のリスクを避けられるでしょう。矯正装置の清掃方法を歯科医に相談し、虫歯や歯周病のリスクを最小限に抑えることが肝心です。

デメリット②歯の痛みがある

矯正装置は、歯を徐々に動かす役割がありますが、歯が動き始めることで痛みを感じやすくなります。歯は歯槽骨に支えられており、矯正によって歯が移動すると歯根膜が伸び縮みし、歯槽骨が吸収されます。これにより、歯に痛みが生じるのです。

マウスピース矯正の場合、ワイヤー矯正に比べると痛みは少ないものの、マウスピースの装着や交換時には痛みを感じやすくなります。

ただし、マウスピース矯正の場合、痛みのピークは装着後2〜3日ほどで、その後は徐々に落ち着いていくことがほとんどです。つまり、歯が移動して位置が安定すれば、痛みも和らいでいくため、それほど心配しなくても良いでしょう。

デメリット③歯根吸収のリスクが増加する

歯は、見える部分の歯冠と、歯ぐきの中に埋まっている歯根から構成されています。矯正治療では、この歯根部分が吸収されてしまうケースがあります。理由は、マウスピースの力によって歯が大きく移動するためです。

ただし、適切な治療を受ければ問題ありません。歯科医師が定期的に歯の状態をチェックし、必要に応じて治療方法を調整することで、歯根吸収のリスクを抑えられるでしょう。

デメリット④自由診療で高額になりやすい

マウスピース矯正は、主に見た目の改善を目的としているため、保険適用外の自費診療となる場合がほとんどです。そのため、事前に治療費用を十分に確認し、無理のない範囲で治療を受けることが重要です。

また、マウスピース矯正を行う際は、ショッピングローンやデンタルローンを利用することで、まとまったお金を用意する必要がなくすぐに治療が始められます。

Zenyum(ゼニュム)では、ショッピングローンを提供しており、透明マウスピース矯正が月々3,600円からできるため、費用の負担がかからず矯正治療を受けられるメリットがあります。

 

40代でマウスピース矯正で後悔した人の特徴

マウスピース矯正はメリットが多い歯科矯正ですが、中には後悔した方もいます。40代でこれからマウスピース矯正を始める際の参考にしてください。

噛み合わせが馴染めない

マウスピース矯正では、噛む場所が変わるため、噛み合わせが自然に感じられないことがあります。しかし、これは一時的な現象で、時間と共に噛み合わせが馴染んでいきます。

噛み合わせの違和感が長期的に続く場合は、専門医に相談して適切な対処法を検討することが大切です。

ブラックトライアングルが発生した

ブラックトライアングルとは、歯・歯の間・歯茎の境目に三角形の隙間ができ、後ろの影が黒く目立ってしまう状態のことです。マウスピース矯正を行うことで、歯の位置が徐々に変化するため、隙間が生じやすくなります。

ただし、40代以降では、矯正をしなくてもブラックトライアングルになりやすいといわれています。これは、歯を支える骨が不足することで、歯茎が衰えてしまうからです。

特に、顎側の前歯に隙間ができやすくなるため、対処法としてはラミネートベニアや樹脂で隙間を埋める方法があります。

顔の筋肉が落ちた

40代以降の方が歯科矯正を行うと、顔の筋肉の変化により、ほうれい線が濃くなったり、顔の印象が変わったりするケースがあります。

歯科矯正は、歯の位置が徐々に変化するため、表情筋の使い方も変わってきます。このような変化に適応するためには、なるべく咀嚼をして顔を動かすような運動を行うようにしましょう。咀嚼運動は表情筋を鍛え、顔の印象を維持するのに効果的です。

 

40代必見!マウスピース矯正で失敗しないためのコツ

40代の方がマウスピース矯正で歯並びをきれいにするには、失敗しないためのポイントを知っておきましょう。ここからは、歯科医院の選び方や注意点を詳しく解説します。

歯科医院の選び方を知っておく

マウスピース矯正を受ける際は、経験豊富な矯正専門医のいる歯科医院を選ぶことが重要です。特に、日本矯正歯科学会の認定医がいるクリニックを選ぶと良いでしょう。

無料カウンセリングや診療を受けて、医院の雰囲気や医師の対応を直接確認することをおすすめします。医師の技術や経験、治療法の丁寧な説明など、自分に合った医院を見つけることが大切です。

また、オンラインでマウスピース矯正の無料診断を受けられるサービスを利用するのも、一つの手段です。

マウスピースブランドであるZenyumでは、最新テクノロジーを用いた「オンライン無料診断」を実施しています。これは、予約不要で簡単に歯の状態を自宅で診断でき、専門医のアドバイスが得られるサービスです。無料で事前に自分の歯の状態確認ができるため、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

また、Zenyumと提携している歯科医院の紹介もしているので、そのままスムーズに治療を受けられます。

装着時間をきちんと守る

マウスピース矯正を受ける際は、医師の指示通りに装着時間を守ることが重要です。マウスピース型の矯正装置は、1日20時間以上の装着が推奨されています。

装着時間が短いと、計画通りに歯を動かすことができず、治療効果が得られにくくなります。さらに、装着時間が不足すると、治療後に歯が元の位置に戻ってしまう可能性もあるため、きちんと医師の指示を守るようにしましょう。

食後は必ず歯のケアを行う

マウスピース矯正中は、食事後の歯のケアが重要です。食事の際は、マウスピースを外して、しっかりと歯を磨いてから再装着しましょう。

マウスピース矯正中は、歯が動いている状態のため、硬い食べ物はなるべく避けることが大切です。また、虫歯のリスクが高くなるため、糖分の多い食品の摂取にも気をつける必要があります。

定期的に通う

マウスピース矯正は、自分でマウスピースを交換しながら、歯科医院への定期的な通院と調整が不可欠です。通常、新しいマウスピースは10日ごとに交換し、徐々に歯の位置を調整していきます。

一方で、歯科医院への定期的な通院も必要です。歯科医院では、歯の移動状況を確認し、必要に応じてマウスピースの調整を行います。全部で2〜4回の通院が必要になるため、歯科医院がアクセスの良い場所にあるかも確認しましょう。

 

マウスピース矯正の年齢に関するよくある質問

マウスピース矯正と年齢には、関連性があるのでしょうか。ここでは、マウスピース矯正と年齢に関した悩みを紹介します。

50代ではマウスピース矯正は手遅れ?

50代でもマウスピース矯正は可能です。ただし、年齢が高くなるほど歯の動きが遅くなる傾向にあるため、治療期間が長くなることが考えられます。しかし、焦らずゆっくりと治療を進めることが大切です。

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正に比べて痛みが少なく、審美性にも優れています。50代の方でも、自分のペースで無理なく矯正治療を受けられるでしょう。

40代で歯は何本くらいですか?

本来、歯は前歯から親知らずまでに8本生えており、それらが上下左右に生えて合計32本あります。しかし、成人になってからは、多くの人が親知らずの抜歯を経験しているため、平均して28本の歯があるのが一般的です。

さらに、40代では平均して1.5本の歯を失っていることがわかっています。虫歯などの理由で歯を失っているケースがほとんどです。50代になると、さらに2.5本程度の歯を失うことが多いとのデータもあります。

このように、40代以降は徐々に歯の本数が減少していくようです。そのため、マウスピース矯正を受ける前に、まずは虫歯治療などの基本的な歯科治療を行う必要があるのが実情です。

マウスピース矯正は何歳までできる?

マウスピース矯正には、年齢制限がありません。永久歯が生えそろった12〜13歳頃から高齢者の方まで、幅広い年齢層の方が受けられます。

特にワイヤー矯正と比べると、マウスピース矯正は歯周組織への負担が少ないため、60代以降の方でも治療が可能です。実際に80代の高齢者でも、マウスピース矯正を受けたケースがあるようです。

 

40代でもマウスピース矯正は可能!まとめ

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正とは異なり痛みや見た目の影響もないことから、女性だけではなく男性にも高い支持を得ています。マウスピース矯正で歯並びを整えることで、長年のコンプレックスを解消でき、思いっきり口を開けて笑える日がくるでしょう。

Zenyumでは、信頼できる歯科医院と提携し、自信を持ったサービスを提供しています。Zenyumのマウスピース矯正が受けられる歯科医院は、全国に点在しているため、どこに住んでいても通いやすいのが特徴です。

受け口や開咬、クロスバイトなどの症例にも対応できるため、ぜひ一度オンライン無料診断を受けてみてはいかがでしょうか。マウスピース矯正を検討している方は、Zenyumへお気軽にお問い合わせください。

Table of Contents

他のおすすめ記事...

カテゴリーから探す

Search

免責事項

このデバイスまたはソフトウェアは、いかなる医療目的(いかなる病状または疾患の検出、診断、監視、管理または治療など)にも使用されることを意図していません。 このデバイスまたはソフトウェアによって提供される健康関連の情報は、医療アドバイスとして扱われるべきではありません。必要な医療アドバイスについては、医師にご相談ください。

検索する

ニュースレタ

ーを購読する

毎週、商品の紹介や歯や口内ケアの役立つヒントを受け取ることができます。

無料オンライン診断であなたの歯並びをチェック♪

たった2分で完結!あなたに合った矯正方法をご提案。

Subscribe

to our newsletter

Receive weekly product promos, information and oral care tips!