5 August 2022

< 1 min read

歯列矯正で頬こけが気になる!原因と改善方法を紹介

歯列矯正で頬コケが気になるようになってきた!頬コケの原因と改善方法を紹介 歯列矯正をしたあとに「頬こけ」が気になるという人がいます。 頬こけとは、頬がやつれ、老けた印象を与える状態をいいます。 歯列矯正によって頬こけしてしまう原因や改善方法、予防対策について、説明します。

Cấy vít lạc chỗ là biến chứng khi bắt vít niềng răng gây nên tình trạng đau nhức dữ dội

この記事の内容

歯列矯正で頬こけが生じる原因

頬こけが生じる原因として、以下のことが考えられます。

・抜歯による頬のへこみ
・表情筋が弱るため
・噛み合わせが良くなりエラの張りがなくなったため

【原因1】抜歯による頬のへこみ

歯列矯正で大きく歯並びを変える場合、抜歯をして歯の移動スペースを確保する必要があります。

その際に頬に近い歯を抜くことで、今まででっぱっていた歯がなくなり、頬がくぼむということがあります。

頬骨はそのままですので、歯の部分が凹んだようになってしまいます。

【原因2】表情筋が弱るため

歯列矯正をする際にマウスピースやワイヤーといった矯正器具を装着します。

器具をつけたことによって不装着時よりもよりうまく噛めず、噛む際に使っていた表情筋が落ちることで、頬がこけてみえます。

【原因3】噛み合わせが良くなりエラの張りがなくなった

歯並びが悪く普段から噛み合わせに無理が生じていた場合、顎の筋肉に余計な負荷がかかることが多く、えらが張ったような輪郭になるケースがあります。

歯列矯正で歯並びを良くすることで、顎への余計な負荷が減り、不必要な筋肉が減ります

顎の筋肉が減ることで、頬が細くなり、頬がこけたように見えることがあります。

歯列矯正以外の頬こけの原因

歯列矯正をした後でも、別の原因によって頬こけしたように見える場合があります。

無理なダイエットなど食生活の偏りやストレス、体調に異変、肌の老化によっては、頬がこけたように見えることがあります。

これらに原因も一度考えてみるといいでしょう。

歯列矯正の頬コケを改善する方法

頬こけ改善

歯列矯正による頬こけは、原因によっては改善できます。

原因は様々ですが、基本的には表情筋のトレーニングやよく噛むことが大事になります。

【方法1】あいうえおトレーニング

顎まわりのトレーニングにオススメなのが「あいうえおトレーニング」です。

以下の方法で行います。

「あ」という口にして、口を大きく開く
「い」という口にして、口を横に引っ張る
「う」という口にして、口唇をすぼめる
「え」という口にして、口角と眉を上げる
「お」という口にして、鼻の下を伸ばす

口の形をそれぞれ1〜3秒程度キープして10回を1セット、1日3セットやっていきましょう。

筋肉が衰えただけなら、しっかりとトレーニングをすることで、元にもどすことができます。

【方法2】ガムを噛む

噛み合わせが良くなり、これまでついていた無駄な筋肉がなくなってしまった場合は、今まで以上にものを噛む習慣をつけることで、顎周辺の筋肉をつけられます。

その際には、ガムを噛む習慣を取り入れるといいでしょう。

歯列矯正前の頬こけ対策

歯列矯正の頬こけ対策

歯列矯正前に頬こけを予防するには、以下の3つのポイントがあります。

・経験値の多い医師を選ぶこと
・精密検査による分析
・医師から事前の説明を聞くこと

【対策1】経験値の多い医師を選ぶこと

トラブルを防ぐ一番の方法は、歯列矯正の経験値の多い医師を選ぶことです。

抜歯をせずに歯列矯正をすることもできますが、抜歯をする場合は大きく歯を動かすことになり、頬こけする可能性が高くなります。

その際に十分にスキルのある医師なら、頬こけせずに処置してもらえる確率が高くなります

【対策2】精密検査による分析

歯列矯正をすることで頬こけが起こるかどうか、事前に精密検査を受けておくべきです。

もともとの歯並びによっては、どうしても頬こけが避けられないという判断もあるでしょう。

しかし事前に予想できていれば、表情筋トレーニングなどで対策をしやすくなります。

【対策3】医師から事前の説明を聞くこと

歯列矯正をする際に、医師からどのような施術を行い、術後どのようになるのかをしっかりと聞くことも大事になります。

つい医者任せになりがちですが、抜歯をする場合は基本時には元には戻せないので、しっかりと納得して聞きましょう。

この記事のまとめ

アライナー矯正のトラブル

今回の記事では、歯列矯正で頬こけが生じる原因と、頬こけの改善方法、頬こけの予防について説明しました。

歯列矯正によって頬こけが生じる原因は、抜歯による頬のへこみ、表情筋が弱ること、エラの張りがなくなったことがあげられます。

歯科矯正による頬こけが不安な方、また頬こけになってしまい、歯科矯正をやり直したい方は、ぜひ一度Zenyumの無料オンライン診断をお試しください。

あなたはおそらくそれも好きでしょう...

言語

歯列矯正で頬こけが気になる!原因と改善方法を紹介

免責事項

このデバイスまたはソフトウェアは、いかなる医療目的(いかなる病状または疾患の検出、診断、監視、管理または治療など)にも使用されることを意図していません。
このデバイスまたはソフトウェアによって提供される健康関連の情報は、医療アドバイスとして扱われるべきではありません。必要な医療アドバイスについては、医師にご相談ください。