7 September 2022

< 1 min read

歯科矯正で「死にそうなほど痛い」と感じる理由と対処法

歯の矯正方法はワイヤー矯正やマウスピース矯正などいろいろな方法が確立されており、自分が好きな方法で矯正ができる時代です。しかし、ネットを見ていると「マウスピース矯正が死にそうなくらい痛い...」という声を目にする機会が多いと感じている人も多いのではないでしょうか。特にTwitterでは「マウスピース矯正が痛い」と声を上げている人が多くいます。そこで今回は、マウスピース矯正が死にそうなくらい痛い、といわれる原因とその対処法について解説します。

歯科矯正が痛い理由と対処法

マウスピース矯正が死にそうなくらい痛くなることはある?

そもそもマウスピース矯正が死にそうなくらい痛くなることはあるのでしょうか。

結論ですが、通常はまずありません。確かにマウスピース矯正によってちょっとした痛みを伴う人は一定数存在していますが、「死にそうなくらい」の痛みを感じることは通常ありません。

20〜30年ほど前の歯列矯正では「死にそうなくらいの痛み」を伴うことはあったと言われますが、現代では医療技術が発達しており、人が耐えられないほどの痛みを伴うことはほとんどないのが現状です。

しかし、ネットでは「死にそうなくらい痛い」という声があるのは事実ですので、一部強い痛みを感じる方がいることも頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

マウスピース矯正が死にそうなくらい痛い理由

マウスピース矯正が死ぬほど痛い

ワイヤー矯正の場合、ブラケットやワイヤーの先端が口の内部に刺さり痛い思いをすることはあります。

しかし、マウスピース矯正の場合ワイヤーがあるわけでも何か刺さるわけでもありません。装着するだけで歯の矯正ができる便利さこそありますが、どういった時に痛みが生じてしまうのでしょうか。

マウスピース矯正で痛みを感じるケースについて解説します。

理由1:歯を動かすために強い力がかかった場合

マウスピース矯正をすることで、自分の歯を動かすことになります。

アライナーを交換しながら徐々に歯を矯正していくわけですから、歯に弱い矯正力がじんわり掛かり続けている状態になります。

この痛みさほど感じない人がほとんどですが、場合によっては鈍い弱い痛みをじんわり感じてしまう人がいます。

いきなり歯をぐっと動かすわけではないので「死にそうなくらい痛み」が伴うことはありませんが、持続的に微妙な痛みを伴うため、それに違和感を感じる人が出てくるのこともあります。

理由2:マウスピースが舌や歯茎に当たる場合

マウスピースは矯正をする歯の形に沿って装着されますが、中にはヘリが舌や歯茎に当たってしまうことがあります。

生活の中で口内は常に動いている状態で、話したり食べたりした際にマウスピースのヘリが口の形に合わず痛みを生じる場合があります。

もちろん、通常のマウスピース矯正であればそういったことを見越してマウスピースの形を整えてくれますが、アライナーの形状によってはごく稀に痛みを生じることがあると言われます。

理由3:歯並びがまだマウスピースにフィットしてない

マウスピース矯正は同じアライナーをずっと着け続けるのではなく、何枚ものアライナーを一定期間ごとに交換していきます。

マウスピース矯正を始めたばかりのときや、アライナーをかえたばかりの時は、歯に矯正力がかかるので、痛みを感じることがあります。

ただ、2〜3日が経過すると徐々にマウスピースに自分の歯並びがフィットしてくるので、痛みが引いていくことがほとんどです。

特につけ始めの初日は窮屈な痛みを感じる人が多いため、慣れるまでに少し時間を要することがあります。

マウスピース矯正が「死にそうなくらい痛い」時の対処法

歯科矯正痛い対処法

通常ではマウスピース矯正が死にそうなくらい痛いと感じることはありません。

しかし、先ほどご紹介した3つの原因で、痛みや違和感を感じることがあるかもしれません。

すぐにドクターに診てもらうことができれば一番良いですが、寝ているときなど急な相談ができない時も多いでしょう。

そんな時、どのように対処すればいいのでしょうか。

対処法1:一時的にマウスピースを外す

どうしても痛みで違和感がある場合は、一時的にアライナーを外して痛みを抑えることができます。

もちろん、装着し続けて痛みが軽減されるのを待つのが一番ですが、どうしても耐えられない場合は、5分〜10分程度アライナーを外して休憩することも必要です。

ただ、長時間外してしまうと歯並びが元に戻ってしまう可能性があるので、「死にそうなくらい痛い」とき以外は、痛みがなくなるまで装着し続けた方がいいでしょう。

対処法2:歯科医師に相談して痛み止めを飲む

場合によっては歯科医師に相談をして、痛み止めを飲むことも対処法の1つといえます。ただ注意したいのは「自分の判断で、痛み止めを飲む」ということです。

またマウスピース矯正の痛みは、1日2日で和らぐことがほとんどなので、ちょっとした痛みや違和感がある程度の場合は、慣れるまで待つことをおすすめします。

どうしても歯が動きにくく、痛みが止まない場合にだけ、歯科医師に相談しにいきましょう。

対処法3:歯科医師に相談してアライナーの形状を整える

そもそもマウスピースの形状が、歯にフィットしていない可能性があります。そうなった場合にヘリが口内を刺激し、それによって別の痛みが生じてしまうかもしれません。

その場合は自分でその箇所を削るのではなく、かかりつけのクリニックか自分が使っているマウスピース矯正の会社で形を整えてもらいましょう。

それだけで気になっていた痛みの箇所が、無くなるかもしれません。

この記事のまとめ

マウスピース矯正の痛みの対処法

マウスピース矯正は、透明のアライナーを装着するだけで歯並びを整えることができる便利な矯正方法です。

ワイヤー矯正と異なり痛みを感じることは滅多にありませんが、中にはいろいろな原因で痛みを感じることがあります。

通常1〜2日経過すればマウスピース装着による違和感や痛みは和らいでいきますが、痛みに耐えられない場合は一時的に外したり、医師に相談して痛み止めを飲むなどして対策する必要があることを、頭に入れておきましょう。

また、処方された痛み止め以外の市販の痛み止めを飲んだり、硬い食べ物を食べて歯を強く刺激することはやめるようにしましょう。マウスピースによる痛みを加速させる恐れがあります。

もし、何日経過しても痛い場合はそもそもマウスピースが合っていない可能性が考えられます。一度クリニックに相談をし、できればマウスピースの形状を変えてもらうなどの対処を受けてください。

透明マウスピース矯正のZenyum(ゼニュム)では痛みを感じにくい矯正治療を提供しております。「自分の歯並びはマウスピース矯正で治療できるのか」と考えている方は、ぜひ一度、無料オンライン診断を受けてみてください。

あなたはおそらくそれも好きでしょう...

言語

歯科矯正で「死にそうなほど痛い」と感じる理由と対処法

免責事項

このデバイスまたはソフトウェアは、いかなる医療目的(いかなる病状または疾患の検出、診断、監視、管理または治療など)にも使用されることを意図していません。
このデバイスまたはソフトウェアによって提供される健康関連の情報は、医療アドバイスとして扱われるべきではありません。必要な医療アドバイスについては、医師にご相談ください。