気になる「出っ歯」を治すには?おすすめの歯科矯正の方法

25 六月 2022

歯並びの悩みで特に多いものが、何といっても一番目立つ「出っ歯」の悩み。

「かわいい」と言われる場合もありますが、顔つきが気になり思い切り笑ったり、自然と口を開けたりできない人も。

今回はそんな出っ歯のおすすめの治し方について紹介します。

この記事の内容

「出っ歯」とは何か?その原因は?

出っ歯とは上顎の前歯に出る前突(上顎前突)で、日本人に多い歯並びの乱れと言われています。

その原因と言われるものはさまざまあります。ここでは主なものを3つ紹介します。

【原因1】遺伝

出っ歯の原因として多く挙げられるのが、この「遺伝」です。

顔や顎の骨格は親の影響を受けることが多く、歯並びに影響する場合があります。

【原因2】おしゃぶり

幼少期からおしゃぶりを長期間使用してきた人は、出っ歯の原因になっている場合があります。

同様に指しゃぶりをしていた期間が長い場合も、影響している可能性があります。

【原因3】口呼吸

普段口を開けて呼吸をしている人は、出っ歯になりやすい傾向があると言われます。

口を開けた状態が長ければ、唇の圧が無くなり、舌による圧に押されて前歯が押し出されるためです。

出っ歯による悪影響

出っ歯

出っ歯があることによって、さまざまな影響があります。時には自分が予期していなかった症状を引き起こしてしまうことも。

ここでは出っ歯による悪影響について、いくつか紹介します。

【悪影響1】見た目を気にしてしまう

出っ歯による一番の悪影響は、やはり見た目・顔つきを気にしてしまうことでしょう。

「かわいい」と思われる場合もありますが、周囲からの視線が気になり、思い切り笑えなかったり、口を開けることに抵抗を持ったりします。

それにより職場や就職活動、学校生活に支障が出てしまうかもしれません。

【悪影響2】消化の負荷がかかる

出っ歯による歯並びの乱れて、食べ物が噛みにくくなります。そうなればよく噛まない状態で食べ物を飲み込んでしまうため、消化がしにくくなります。

結果として胃や腸に負荷がかかってしまいます。

【悪影響3】口内が乾燥しやすくなる

出っ歯があると口を閉じにくくなります。そのため口呼吸をすることが多くなり、口内が乾燥しやすくなります。

そうなれば唾液の分泌が減り、最近が増えやすくなることで、虫歯や歯周病のリスクが高くなったりします。

出っ歯を治す方法

出っ歯を治す方法

出っ歯は先天的な要因や、幼少期の習慣が影響しているため、事前に防ぐことが困難です。

ではどうすれば出っ歯を治すことができるのでしょうか?ここでは2つの方法を紹介します。

【方法1】ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は以前「徹底比較!マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いやメリット・デメリット」の記事で紹介した通り、特殊素材のワイヤーを使って歯並びを整えていく治療です。

症例が多い一方で、費用や時間がかかる傾向にあり、「出っ歯だけを早く治したい!」という人にはデメリットもある治療です。

【方法2】マウスピース矯正

マウスピース矯正はここ数年で急激に人気が出ている、歯科矯正の方法です。

とにかく値段が抑えられることが特徴で、着脱可能な透明のアライナーを使って治療をするため、見た目が気になることもありません。

ここからはそのマウスピース矯正について、詳しく紹介します。

注目されているマウスピース矯正と魅力

歯科矯正を成功させるためには?

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正と比較して、数多くの魅力があります。ここではその魅力について、詳しく紹介します。

【魅力1】安い治療費用

先ほども挙げたように、マウスピース矯正の魅力は何といっても費用・値段の安さです。

ワイヤー矯正は歯科医師の高い技術と特殊素材を用いるため、その分治療にかかる金額が高くなる傾向にあります。場合によっては100万円超えることもあり、お金に余程の余裕がなければ手が出せない治療となっております。

一方でマウスピース矯正は最新の3Dスキャンや3Dプリント技術を用いて、低コストで一人一人に合ったアライナーを作成できるため、その分費用が大幅に抑えられます。

特に「出っ歯を治したい」といった目立つ部分だけの治療であれば、料金も30万円程度で治療が可能です。

【魅力2】透明で目立たない

今までは歯科矯正をやるとなると、どうしても金属ワイヤーの見た目が気になり、多くの方が抵抗を感じていました。

しかしマウスピース矯正は透明のアライナーを使うため、装着時でも周囲から気づかれにくく、普段の日常生活に全く支障がありません

また「人前に出る機会があり、どうしても気になる」という場合でも、一時的に取り外しが可能なため、見た目を全く気にせず人前に出ることができます。

【魅力3】少ない通院回数と治療期間の短さ

歯科矯正では、お金以外に「通院回数」も大きな負担となっていました。

ワイヤー矯正では、ワイヤーを調整するたびに歯科クリニックに通う必要があり、毎回時間を空けて予定を入れる必要がありました。

しかしマウスピース矯正では、最初に3Dスキャンで歯形を撮影すれば、数枚〜数十枚の透明アライナーがまとめて届くため、頻繁に歯科医院に通うことなく自宅にいながら治療を進めることができます

マウスピース矯正でおすすめの「部分矯正」

マウスピース矯正で特におすすめなのが「部分矯正」です。

以前「歯並びを一部だけ安く治したい!おすすめの『部分矯正』」の記事でも紹介しましたが、出っ歯など特に目立つ部分を集中的に治療することで、多くのメリットを受けることができます。

【部分矯正の特徴1】コストを更に軽減できる

マウスピース矯正をする場合でも、全体の歯並びを矯正する(全体矯正)場合には、それなりの費用と時間が必要になります。費用については60万円〜100万円程度かかることも。

一方で部分矯正の場合は、30万円程度から治療することができます。そのため手元にまとまった資金がなくても、分割支払いなどを活用することで、すぐに治療を始めることが可能です。

【部分矯正の特徴2】治療期間を大幅に短縮

従来の歯科矯正では治療期間が2年以上かかることも多くありました。

一方でマウスピース矯正の部分治療では半年〜1年程度で治療が終わることが多く、治療期間や通院回数を大幅に軽減できるようになりました。

【部分矯正の特徴3】痛みを軽減できる

部分治療は歯並びの一部分を治療するため、痛みも大幅に軽減されます。痛みが怖くて歯科矯正ができなかったという方でも、安心して始めることができます。

また痛みで我慢できない場合でも、一時的にアライナーの取り外しが可能なため、安心して治療を進めることができます。

部分矯正におすすめのZenyum(ゼニュム)

Zenyum(ゼニュム)のマウスピース矯正

Zenyumは部分矯正、全体矯正のいずれにも対応している透明のマウスピース矯正です。

費用は324,500円(税込)〜となっており、クレジットカードやショッピングローン(イデアカード)での分割払いも可能です。

公式アプリやLINE公式アカウントを活用したリモート治療で、基本的に初期2回のみの通院で治療が可能です。

現在オンラインでの無料診断を受け付けていますので、以下のボタンからぜひお試しください。

Table of Contents

他のおすすめ記事...

カテゴリーから探す

Search

免責事項

このデバイスまたはソフトウェアは、いかなる医療目的(いかなる病状または疾患の検出、診断、監視、管理または治療など)にも使用されることを意図していません。 このデバイスまたはソフトウェアによって提供される健康関連の情報は、医療アドバイスとして扱われるべきではありません。必要な医療アドバイスについては、医師にご相談ください。

検索する

ニュースレタ

ーを購読する

毎週、商品の紹介や歯や口内ケアの役立つヒントを受け取ることができます。

無料オンライン診断であなたの歯並びをチェック♪

たった2分で完結!あなたに合った矯正方法をご提案。

Subscribe

to our newsletter

Receive weekly product promos, information and oral care tips!