29 July 2022

< 1 min read

徹底解説!マウスピース矯正DPEARL(ディパール)の特徴や値段など

日本には数多くのマウスピース矯正ブランドが存在します。過去キレイラインやOh my teeth(オーマイティース)、ローコストについて紹介してきましたが、今回は「DPEARL(ディパール)」について、詳しく紹介します。

マウスピース矯正・ローコスト

内容一覧

マウスピース矯正「DPEARL(ディパール)」について

DPEARL(ディパール)Zenyum(ゼニュム)ローコストキレイライン矯正Oh my teeth(オーマイティース)と同じく、透明のマウスピース矯正ブランドの1つです。

マウスピース矯正は、透明のアライナーを使うので治療中でも周囲から目立つことはありません。少しずつ歯並びを整えていくため、痛みを感じにくい場合がほとんどです。

マウスピース矯正について詳しく知りたい方は「安い費用・値段で歯科矯正をしたい!そんな人におすすめのマウスピース矯正」の記事をご参照ください。

ここからはDPEARLについて、詳しく解説します。

【特徴1】DPEARLの値段・費用

DPEARLはまず初回検査で3,300円の費用がかかります。そのシミュレーション結果に応じて、以下の料金プランに分かれます。

・SHORT
目安期間:2〜4ヶ月
コース金額:308,000円

・STANDARD
目安期間:4〜6ヶ月
コース金額:429,000円

・LONG
目安期間:6〜8ヶ月
コース金額:554,400円

・HYBRID
目安期間:8〜10ヶ月
コース金額:693,000円

その他のマウスピース矯正ブランドとの費用と比較したい場合は「いま大流行のマウスピース矯正!気になる値段・費用は?」もご覧ください。

【特徴2】DPEARLの治療範囲

DPEARLでは目立つ前歯部分だけを整える「部分矯正」と、噛み合わせなどに考慮した奥歯から全体を動かす「全顎矯正」の両方に対応しています。

また以下のような症例にも対応可能です。

・出っ歯(上顎前突)
・すきっ歯(空隙歯弓列)
・ガタガタや八重歯(叢生)
・前歯が閉じない(開咬)
・受け口(反対咬合)
・下の歯が見えない(過蓋咬合)

【特徴3】DPEARLの治療期間

「DPEARLの値段・費用」の箇所でも挙げたように、DPEARLは治療範囲によって、治療期間が異なります。

治療範囲が少ない場合は約2ヶ月〜4ヶ月、広い範囲の場合は8ヶ月〜10ヶ月程度かかります。

【特徴4】DPEARLの通院回数

DPEARLはまず専用フォームから申し込み後、歯科クリニックに行き、矯正プランが提案されます。

契約した場合はその2週間後に歯科技工所からシミュレーションが届き、マウスピースが作られます。

マウスピースを受け取った後は、歯科矯正終了まで原則月に1回通院が必要となります。

マウスピース矯正のブランドによっては合計1〜2回程度の通院で済む場合もあるので、比較検討することをおすすめします。

【特徴5】DPEARLのサポート体制

DPEARLでは『DPEARL support』という専用LINEがあり、「矯正の進捗度」「歯のシミュレーション」「提携ドクターからのアドバイス便」「困ったときの質問対応」「レクチャー」などの情報が届きます。

マウスピース矯正ブランドによっては、歯科クリニックでしか相談ができない場合もあるので、サポート体制は充実していると言えるでしょう。

サポートの事例については「歯科矯正の無料カウンセリングは『スマイルアドバイザー』に相談!」の記事もご参照ください。

【特徴6】DPEARLの支払い方法

DPEARLの支払い方法は、「銀行振込」と「Paypal決済」の二通りです。

分割払いを選択する場合は「3回分割払い」「5回分割払い」の2つを選択できます。(銀行振込の場合、振込手数料は患者側の負担になります。)

マウスピース矯正ブランドによっては、ショッピングローン・デンタルローンを使った分割払いも可能なので、そちらも参考にしてみるとよいでしょう。

DPEARLとZenyum(ゼニュム)との比較

Zenyumのマウスピース矯正

ここまでDPEARLについて詳しく説明しました。ここからはZenyumのマウスピース矯正との違いについて紹介します。

Zenyum(ゼニュム)とは

Zenyumは2021年に日本に上陸した透明のマウスピース矯正ブランドです。”Smile More(スマイル・モア)”を掲げ、素敵な笑顔を心から応援しています。海外ではすでに8拠点で展開しており、アジアで最も注目されているマウスピース矯正ブランドの一つです。

【比較1】値段・費用

Zenyumは歯科矯正を始めやすい価格設定になっており、一律324,500円(税込)で治療が可能です。

またクレジットカードやショッピングローンでの分割払いも可能なので、手元に十分な資金がない方でも、歯科矯正をすることができます。

ローコストや一部ブランドは治療範囲やプランによって、料金が大幅に異なります。

サポート面なども含めどのブランドが合っているか、まずは無料診断してみることをおすすめします。

【比較2】治療できる範囲

Zenyumは目立つ部分を集中的に治す「部分矯正」に特化したマウスピース矯正です。そのため費用・値段や治療期間、また通院回数を大幅に抑えることができました。

一方でDPEARLは全体矯正も可能なため「費用をかけてでも奥歯からしっかり治したい」という方にはおすすめです。

【比較3】サポート体制

Zenyumの大きなメリットが「サポート体制」です。スマイルアドバイザーと呼ばれる専門スタッフがおり、治療を進める中で疑問点や質問に対して、公式LINEアカウントで答えてくれます。

また公式のスマートフォンアプリもあるため、毎回クリニックに通い、歯科医師に相談する必要がなく、仕事や勉強で忙しい人にはおすすめのマウスピース矯正です。

この記事のまとめ

マウスピース矯正の痛みの対処法

今回はDPEARLのマウスピース矯正について紹介しました。10以上存在する数多くのマウスピース矯正ブランドから選ぶのは、とても難しいことです。

値段やサポート面、治療期間などから比較検討する必要がありますが、まずは無料診断をしてみることをおすすめします。

Zenyumではオンラインで無料診断を受けることができるので、以下のフォームからぜひ気軽にお試しください。

あなたはおそらくそれも好きでしょう...

言語

徹底解説!マウスピース矯正DPEARL(ディパール)の特徴や値段など

免責事項

このデバイスまたはソフトウェアは、いかなる医療目的(いかなる病状または疾患の検出、診断、監視、管理または治療など)にも使用されることを意図していません。
このデバイスまたはソフトウェアによって提供される健康関連の情報は、医療アドバイスとして扱われるべきではありません。必要な医療アドバイスについては、医師にご相談ください。